子どもが作る「弁当の日」とは?

 2001年、香川県の小学校で竹下和男校長(当時)が始めた「弁当の日」。子どもが自分でお弁当を作って学校に持ってくるという取り組みです。 何を作るかを決めることも、買い出しも、調理も、弁当箱に詰めるのも、片付けも、子どもがします。親も先生も、その出来具合を批評も評価もしないという約束です。

この取り組みを通じ、子どもたちは感謝の心を知り、自己肯定感が育まれています。失敗の中から多くを学び、生きる力を身に付けています。

大人たちは見守る大切さを知り、子どもの成長を通じて子育てが楽しいと思えるようになっています。家族団らんが増え、家庭に笑顔があふれるようになっています。

そんな好循環が「弁当の日」を通じて全国に広がりはじめています。2016年12月現在、「弁当の日」実施校は全国で1800校を超えるまでになりました。

 

「弁当の日」紹介動画はこちら

ƒvƒŠƒ“ƒg

2017年度 講演会助成団体募集 「弁当の日」応援プロジェクト

 「弁当の日」応援プロジェクト事務局では、子どもがひとりで弁当を作る「弁当の日」の普及推進を目的として、講演会開催を希望する学校やPTAなどへの講師派遣の費用助成を行います。「弁当の日」の趣旨を理解、賛同し、普及推進に取 … 続きを読む

%e4%ba%95%e4%b8%8a%e3%81%8b%e3%81%aa%e3%81%88_%e5%ae%a3%e6%9d%90%e5%86%99%e7%9c%9f-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

「弁当の日」料理教室 おうちで楽しむバレンタインディナー

たくさんのご応募ありがとうございました。当選された方へは、本日メールをお送りしていますのでご確認ください。 もうすぐバレンタイン。今年は家族と一緒にご自宅でバレンタインディナーを楽しんでみませんか?  講師はブログ「母ち … 続きを読む

弁当の日

夏休み「子ども料理教室開催」のお知らせ 参加者募集

今年の夏休みは、お昼ごはんをひとりでつくってみよう! メニューは 工作感覚で楽しく作れる焼肉ライスピザ、季節感いっぱいの夏野菜のスープ、デザートは チョコレートパフェ!に挑戦。レシピを覚えて、ノートに書いたら夏休みの宿題 … 続きを読む

–¼Ì–¢Ý’è-2

「弁当の日」応援プロジェクト講演会助成先決定のお知らせ

2017年度「弁当の日」「弁当の日」応援プロジェクト講演会助成先を、下記の17団体に決定いたしましたので発表致します。  なお、7月上旬に下期の追加募集を予定しています。詳細は後日お知らせいたします。 2017年度「弁当 … 続きを読む

IMG_8152

2016年度 「弁当の日」応援プロジェクト講師派遣助成事業 大阪府豊中市PTA小学校北部ブロック開催報告

11月26日(土)13:00~16:30  豊中市立刀根山小学校で竹下和男先生の講演会が開催されました。 この講演会は 豊中市小学校北部PTA研究大会の一環で行われ、第一部で竹下和男氏が「小学校での食育 子どもが作る弁当 … 続きを読む

dsc_0864

2016年度 「弁当の日」応援プロジェクト講師派遣助成事業 小田原市教育委員会開催報告

10月25日(火)14:00小田原市教育委員会保健給食課の主催で食育講演会行われました。 竹下和男氏が「弁当の日」と学校給食~食育で伸ばす学力と体力~と題して講演、学校関係者など146名が参加しました。 参加者からは   … 続きを読む

「弁当の日」応援プロジェクト

「弁当の日」の広報・普及・啓発活動の推進とその取り組みを側面からサポートしていくことを目的として、2012年4月に発足。「弁当の日」応援プロジェクト 発足記念イベント

以下の各社の協賛により、運営しています。(50音順)

「弁当の日」応援プロジェクトへのお問い合わせ

「弁当の日」応援プロジェクト事務局

住所
〒105-7208
東京都港区東新橋1丁目7番1号 汐留メディアタワー
e-mail
kki.bentounohi@kyodonews.jp
HPアドレス
http://www.kyodo.co.jp/bentounohi
Facebook
https://www.facebook.com/pages/弁当の日応援プロジェクト/730640393612777

お問い合わせフォーム

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第96回天皇杯 トピックス

決勝の結果(2017年1月1日)

鹿島アントラーズ 2-1 川崎フロンターレ (Ex)  

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
このページのトップへ