「子ども」のニュース

保育園落ちた!の声で緊急開催 今からできる第2保活セミナー

2019年2月15日
 認可保育園の入園可否が話題に上るこの時期。この春の入園を目指していたが「保育園落ちた!」という親たちが、今後の対策に苦しみ始める時期でもある。そこで、保活アドバイザーの山下真実さん(ここるく・東京)による「今からできる … 続きを読む

バレンタインはもうウンザリ…? 子どもを手伝う親たちの本音

2019年2月7日
 チョコに限らず、サクッと友達や同僚にもプレゼント。そんな軽い季節行事になりつつあるバレンタインだが、親たちはまた違う事情を抱えているようだ。子どものチョコ作りや準備を負担に感じ、面倒だなあ、と思っている親たちが少なくな … 続きを読む

親が知らない子供のスマホ世界 内緒で課金は5人に1人

2019年2月6日
 子供がスマホデビューをする時にルールを決めるという親は多いが、6割の子供たちがルールを破った経験があることが、NTTドコモ(東京)の「子どものスマートフォン事情」についての調査で分かった。親に隠れてこっそり課金、という … 続きを読む

「子」で終わる名前が1位 女の子の名前、平成最後に人気回復?

2019年2月5日
 〇〇子、という女の子の名前は、昭和な響きだと思っていたが、今年1月に生まれた赤ちゃんたちの名前を調べると、「子」で終わる女の子の名前がなんと1位に返り咲いた。他にも日本的な美を連想させる “レトロネーム”や、スケールの … 続きを読む

“ぼくをいやな気もちにさせないでください” 離婚家庭に寄り添うシンガポール政府作成の絵本

2019年2月4日
絵本表紙  日本ではまだオープンに話す雰囲気は少ないが、厚生労働省の統計によると、2017年度の離婚数は21万件にも及ぶ。離婚は当事者同士にとってもつらい経験だが、一番被害を受けるのはその子どもかもしれない。2017年、 … 続きを読む

どんな大人になりたい? 具体的な人物でトップになったのは熱血漢の・・・

2019年1月9日
 広域通信制・屋久島おおぞら高等学校の指定サポート校・KTCおおぞら高等学院(名古屋市)は、全国40キャンパスの生徒を対象とした意識調査<「#なりたい大人」総選挙>を実施した。今回の総選挙は、KTCおおぞら高等学院の思い … 続きを読む

サンタの字はママのに似てる!? 切り抜ける言い訳は…

2018年12月1日
 サンタさんに何お願いしたの?と聞いてはみたものの、うまく聞き出せなかったり、聞いても買えないものだったり。で、欲しかったものと違う!というクリスマスの日、“家のサンタさんたち”はどんな言い訳をしているのだろう? アクト … 続きを読む

ママから見た「パパの子育て」採点 “産後クライシス”に陥っているケースも

2018年11月21日
 本来なら、子育ては夫婦で協力して行うものだが、今でもママが中心となってやっている家庭が多いだろう。ベビーカレンダー(東京)は、ママ864人を対象に、「パパの子育て」についてアンケート調査を実施した。  最初に、「夫は子 … 続きを読む

親の終活をどう考えている? 現時点で一緒に取り組んでいることは・・・

2018年11月19日
 「人生100年時代」において、人生の終わりを見据え、より自分らしく充実した人生を送るための準備として、「終活」への取り組みが社会に浸透してきている。そんな中で、鎌倉新書(東京)が「親の終活に関する意識調査」を実施。全国 … 続きを読む

懐かしい~コマ撮りアニメも 「こどもめいさくげきじょう」

2018年11月6日
 これは懐かしい、という人が多いはず。1950~80年代に制作された学研の人形アニメーションやスライド作品。そこから生まれた名作おはなし絵本、『こどもめいさくげきじょう』(学研教育みらい・東京)が発売された。  人形も背 … 続きを読む

「子どもの安全が気になる」お母さんが多数 自分たちの頃と比べ安全ではない!?

2018年10月19日
 オレンジページくらし予報(オレンジページ・東京)が、国内在住の小・中高生の母親323人を対象に実施調査した調査よると、小学生の22.8%、中高生の86.0%が子どもだけでバスや電車に乗って日常的に出かけている現状があり … 続きを読む

スマホがきっかけでケンカに 親子の確執、夫婦の溝

2018年10月12日
 いつの時代でも、身近なものだからこそケンカの種になる。「小中学生のスマホ利用に関する親の意識調査」(ジュピターテレコム・東京)によると、子どものスマホ利用がきっかけで親子喧嘩が勃発したという親は 6割、中学生男子の親で … 続きを読む

食品の宅配利用してる? 子どもあり・なしで大きな差が

2018年10月5日
 手間暇が省ける食材・冷凍食品といった食品の宅配。実際にどのくらいの人が利用しているのだろうか?男性向け料理メディア「オリーブオイルをひとまわし」を運営するディライトクリエイション(東京)は、男女1,369人を対象に「食 … 続きを読む

イクメン推進シンポジウムを開催 模範となる企業はどこ?

2018年10月1日
 育児を積極的に行う男性=「イクメン」を応援している厚生労働省は、男性の育児休業取得を促進するイクメンプロジェクトの一環として「イクメン推進シンポジウム」を10月18日に、ベルサール半蔵門イベントホールで開催する。  こ … 続きを読む

科学への関心、きっかけはやっぱり実体験 子どもは「生き物」が好きだけど、親の期待は・・・

2018年9月28日
 2018年のノーベル賞の発表(10月1日)が近づいてきた。毎年、日本人の受賞者があるかどうかが話題になるが、ノーベル賞の話題は、子どもたちの科学に対する関心を高めることに一役買っている。しかし「科学」といっても分野は広 … 続きを読む

「置き勉」に賛成7割 身体的負担を軽減

2018年9月27日
 重そうなランドセルやカバンを持って登校する子どもたち。教科書を学校に置いてきたら、家で勉強ができない…と心配する声もなくはないが、保護者の7割は“置き勉”に賛成であることが、地域コミュニティーサービス「マチコミ」(ドリ … 続きを読む

「将来は寿司を握る料理人になりたい」 子どもの障害者を対象に料理教室

2018年9月5日
自立した生活に必要となってくるのが、料理の基本的な知識や技術の習得。独身世帯が増え、料理教室は盛況だが、これまでは健常者対象のものが多かった。最近は自治体主催の大人の障害者向け料理教室が開かれているが、料理をしない家庭が … 続きを読む

キャッチボールは南北方向限定!? 公園にあふれる禁止の看板あなたはどう思う?

2018年8月29日
 待機児童の解消が叫ばれる一方で、保育園や幼稚園の新設はなかなか進まない。騒音などを理由に近隣からの反対が多く困難な場合が多い実情はよく知られるところだ。公園でも同じことが起きている。さまざまな年齢層の人が集うため、ボー … 続きを読む

2~5歳が最多 子どもの迷子

2018年8月18日
 山口県周防大島町で、親戚の家に帰省中だった男の子が行方不明になった事件、無事に発見されてほっとしたけれど、2、3歳の子どもって本当に活発で目が離せない。決して他人事ではない、と肝を冷やした親は多いだろう。  GPSなど … 続きを読む

夏休みの自由研究も探せるかも! 『おでかけガイド首都圏版』

2018年7月23日
 ぴあMOOK(ぴあ・東京)から『こどもの好奇心が育つ! おでかけガイド首都圏版』(税別900円)が発売された。このガイドブックには恐竜、宇宙、魚、動物、乗り物、歴史、昆虫など子どもの好きなことに焦点を当て、オススメスポ … 続きを読む

スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ