コラム

「弁当の日」で料理の習慣を 提唱者が若者の偏食に警鐘!

2019年6月24日
講演する「弁当の日」提唱者の竹下和男氏。  世界的ベストセラー「サピエンス全史」によると、はるか大昔の狩猟採集民は現代人に比べて労働時間は短く、案外「快適で実りの多い」生活を送っていたらしい。  平素から何十種類もの食べ … 続きを読む

喫煙中に電子タバコが爆発 米・17歳少年のあご砕ける

2019年6月24日
 日本でも広がりを見せている電子タバコ。あなたの家庭や職場にも、通常のたばこ(葉たばこ)の代替品や禁煙グッズとして利用している人がいるのでは? たばこの葉を使用する加熱式たばこから、リキッド・カートリッジ・使い捨てタイプ … 続きを読む

「わかる」ってなんだろう? 川添愛×森田真生×玄田有史の学芸ライヴをリポート!

2019年6月18日
(左から)玄田有史氏、川添愛氏、森田真生氏  例えば、親友の不幸を打ち明けられた時に感じる「わかる」と、試験問題の方程式を解けたときの「わかる」は違う。どうやら「わかる」には種類があるようだ。そんな話から発展して、学ぶこ … 続きを読む

平成時代に家庭の夕食は様変わり!? クリナップが「キッチン白書」で昭和と比較

2019年6月10日
家庭の夕食は昭和と平成では様変わり。左が昭和、右が平成を表すメニュー。クリナップ「キッチン白書2019」より  昨今の「日本すごい!論」は夜郎自大気味で“井の中の蛙の歌”に聞こえてくるが、ユネスコの世界遺産に登録された日 … 続きを読む

137年経てようやく サグラダファミリアに建築許可

2019年6月10日
 1882年に着工して137年、いまだ建築途上のスペイン・バルセロナの大聖堂・サグラダファミリアに、ようやくバルセロナ市の「建築許可」が下りたことが6月7日、明らかになった。  毎年世界中から450万人以上の観光客が訪れ … 続きを読む

お弁当が傷みやすい季節が到来! 保育園の調理師さんに聞く夏場の「弁当作り」のコツ

2019年6月10日
 じめじめした梅雨や暑い夏場は弁当が傷みやすい季節。作ってから4、5時間後に食べる弁当は、食中毒を起こさないための注意が必要だ。  厚生労働省が発表した「食中毒統計資料」によると、2018年の食中毒の発生率は1位が「飲食 … 続きを読む

女子サッカーワールドカップが開幕! ズバリ、優勝する国はどこ?

2019年6月8日
 1991年から始まった、サッカー女子のワールドカップ(以下、W杯)。第8回フランス大会が6月7日(日本時間8日)に開幕した。そこでオーヴォ編集部は「ズバリ、優勝する国はどこ?」というアンケート調査をしてみた。  調査は … 続きを読む

さあ、みんな立って! 映画 『パリ、嘘つきな恋』

2019年6月7日
 軽妙なやりとりに、風通しの良い時間が過ごせる。小さな嘘から恋が始まり、次々とつかざるを得なくなった嘘の袋小路で収拾策を考えあぐねるパリジャン。“ちょい悪”が真面目に苦悩する姿は、少年のようだ。映画『パリ、嘘つきな恋』が … 続きを読む

「母親」という人間像 映画『パリの家族たち』

2019年5月31日
 「母親であることは、ただ子どもを産むことよりずっと複雑だ」。脚本家でもあるマリー=カスティーユ・マンシオン=シャール監督のこの言葉が、母親に焦点を当てたこの作品のすべてを語っている。さまざまな立場の人々が、「母親」とい … 続きを読む

【スピリチュアル・ビートルズ】竹内まりやに拒否された? 「イエロー・サブマリン音頭」秘話

2019年5月25日
 ビートルズの1966年の作品「イエロー・サブマリン」の日本語カバーである「イエロー・サブマリン音頭」は、大瀧詠一がプロデュースし、民謡歌手の金沢明子が歌ったことで話題を呼んだ。だが、当初は竹内まりやでデモ・テープが制作 … 続きを読む

情報格差にも向き合う知の砦 映画『ニューヨーク公共図書館』

2019年5月24日
(C)2017 EX LIBRIS Films LLC – All Rights Reserved  3時間25分の作品に見入っていると時々、図書館の話だということを忘れる瞬間があった。それほど彼らの役目は多 … 続きを読む

異なる体制が同じ“顔”に見える時 映画『僕たちは希望という名の列車に乗った』

2019年5月20日
(C)Studiocanal GmbH Julia Terjung  思想や主義にかかわらず、体制が人の一定の自由を制限する時、その“顔”は同じだということが分かる作品だ。旧東ドイツの高校生たちが、ハンガリー動乱の死者に … 続きを読む

うっかり超高級ワインを提供 客は気付かず会計は“9割引”に

2019年5月18日
イメージ  例えば1本60万円のワインが飲めるとしたら、文字通りえりを正して最後の一滴までしっかり味わうだろうけれど、この方々はそうはしなかったらしい。なぜなら、そんな高級ワインだとは知らずに飲んでいたのだから。イギリス … 続きを読む

ローマ時代から2000年を歩く 【カタルーニャを訪ねて】その4

2019年5月14日
美術館はモンジュイックの丘に行く道。朝はこの高い階段を上りエクササイズに励む市民も 美術館はモンジュイックの丘に行く道。朝はこの高い階段を上りエクササイズに励む市民も  バルセロナがあるスペインのカタルーニャ州は2017 … 続きを読む

静かな無垢の受難 実話を基にしたイタリア映画「幸福なラザロ」

2019年4月22日
(C)2018 tempesta srl ・ Amka Films Productions・ Ad Vitam Production ・ KNM ・ Pola Pandora RSI ・ Radiotelevisione … 続きを読む

動揺にもヒエラルキーがある ノートルダム修復の巨額寄付へ疑義

2019年4月22日
ノートルダム大聖堂  猛火の中で折れる尖塔。パリのノートルダム大聖堂の火災の様子に世界中が釘付けになった。永遠にそこにあると思っていたものが失われる恐怖や喪失感。直後から続々と集まっている企業や富裕層からの寄付金はすでに … 続きを読む

願いを叶える代償は? 映画『ザ・プレイス 運命の交差点』

2019年4月22日
(C)2017 Medusa Film SpA .  さまざまな希望や欲望。もしもそれが必ずかなえられるとしたら、人はどんな代償を許容するだろうか?自分では決してのぞきたくない自身の心の奥底を、鏡のように見せてくれる映画 … 続きを読む

浮かび上がる孤独の輪郭 ドイツ映画『希望の灯り』

2019年4月18日
(C)2018 Sommerhaus Filmproduktion GmbH  生きることの厳しさを浮き彫りにしつつも、愛おしい寓話のような作品だ。ドイツ・ライプツィヒ近郊の巨大スーパーを舞台に、そこに働く人々の慎ましく … 続きを読む

学ぶ喜び、の意味 映画『12か月の未来図』

2019年4月15日
(C)ATELIER DE PRODUCTION – SOMBRERO FILMS – FRANCE 3 CINEMA – 2017  東大の入学式で上野千鶴子氏が、熾烈(しれつ)な競 … 続きを読む

ノムさん目指してボールで“会話” 京丹後市でキャッチボール大会

2019年4月15日
優勝した加悦フレンズ。  「三顧の礼」は、三国志の英雄劉備が三度訪ねて軍略の天才諸葛亮孔明を軍師に迎えた中国の“故事”にちなむが、現役を引退した野球の天才イチローは「国民栄誉賞」授与の政府打診を三度断り辞退した。地元愛知 … 続きを読む

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ