第99回天皇杯

ギラヴァンツ北九州(2年ぶり11回目)

 昨年J3最下位に終わり、天皇杯予選決勝でも福岡大学にPK戦の末に敗れたが、今回は同大学を1―0で破って出場権をつかんだ。チームの再構築を図る小林伸二監督は、予選決勝の内容に「良い入りができた。全体の動きがうまくいった」と手応え十分だ。

 予選決勝では、前半8分右CKに加藤弘堅が頭を合わせ、これが決勝点となった。プロの面目を保ち「練習でやっていた形が出た」。今季J3では開幕4連勝。開幕戦でゴールを決めた法大出身のルーキーで池元友樹と2トップを組むディサロ燦シルヴァーノなど新戦力がチームに溶け込んでいる。

 腰のけがから復帰し、今季公式戦初出場した内藤洋平主将は「チームで勝ち取ったのは大きな収穫。天皇杯という舞台を経験するのは大きいこと」と勝利を噛みしめる。勢いに乗るギラヴァンツ北九州が、上位進出を狙う。

 

(西日本新聞)

天皇杯サッカー
PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ