第99回天皇杯

FC徳島(4年連続4回目)

 4年連続4回目の天皇杯の舞台で、初の1回戦突破を目指す。前線からプレスして高い位置でボールを奪い、サイドを効果的に使いながら畳み掛ける攻撃が特長だ。

 四国リーグで戦う光洋シーリングテクノとの徳島県代表決定戦では、自慢の攻撃力が爆発した。FW福崎冬也が相手陣内でボールを拾い、思い切りのいいミドルで先制。その後も運動量豊富なサイドの選手を軸に長短多彩なクロスで攻め立て、2桁得点した。タクトを振るMF中峯正博は「チームとしての攻めの形が整ってきた」と手応えを話す。

 初戦の相手は地域リーグよりカテゴリーが上のJFLのホンダロックSC(宮崎)。個々の局面での強いプレスを警戒する。ボランチの巽拓也は「耐える時間は長くなるが声を掛け合ってしのぎ、チャンスをものにしたい」と意気込む。攻守の切り替えを意識し、連動性を高めてサイドや中盤の攻防を互角に渡り合い、勝機を見いだしたい。

 

(徳島新聞)

天皇杯サッカー
PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ