第99回天皇杯

関西学院大学(2年連続27回目)

 大学サッカー界の雄、関西学院大学(関学大)は今大会も、ジャイアントキリング(番狂わせ)を狙っている。

 前回大会は2回戦でJ1の強豪、ガンバ大阪を2-1で撃破。3回戦はJ2東京ヴェルディに敗れたが、接戦に持ち込む粘り強さを見せた。

 今大会の出場を決めた兵庫県選手権の決勝は3年連続で、バンディオンセ加古川(関西リーグ1部)と対戦した。過去2年はPK戦までもつれたが、今回は後半に4得点を挙げる猛攻を見せ、5-1と圧勝。2年連続27回目の出場を決めた。

 今季の関学大は両サイドハーフにスピードのある選手を配置し、関西学生リーグ1部で抜群の存在感を示すMF山本悠樹がゲームを組み立てる。昨年のガンバ大阪戦で決勝点を奪った2年生FW山見大登(ひろと)は「Jクラブを倒せば応援してもらえるし、得られるものがある」と気合十分だ。

 

(神戸新聞)

天皇杯サッカー
PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ