第99回天皇杯

山形大学医学部(4年ぶり3回目)

 堅実な攻めで山形県予選を勝ち抜いた山形大学医学部サッカー部。MFの高橋将輝や真秀俊成ら主力メンバーは4年前の天皇杯で当時J1のモンテディオ山形と対戦しており、全国舞台を踏んだ経験値もチームの強みの一つだ。

 得点源の高橋やFW桒田海斗、MF浜田啓一がチームを引っ張り、初勝利を目指す。相手守備陣に的を絞らせない連動性のある攻撃が持ち味。主力のけがなど不安材料はあるものの、テンポの良いパスワークから好機を演出したい。

 4年前のモンテ戦では、前半40秒で劇的なゴールを決めた。大沼類主将は「厳しい試合展開が予想されるが、物おじせず県代表として堂々と戦う。我慢してわずかなチャンスをものにしたい」と力を込めた。

 

(山形新聞)

天皇杯サッカー
PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ