国際

健康食品が爆買いされる理由  「三無」、規制進まない中国

2019年6月10日
  日本と同じ、中国も高齢化社会になった。高齢者を狙ったさまざまなビジネスが盛んになり、社会問題となっている。特に健康食品に関していくつかの企業が高齢者をだまし、高価なものを売りつけ、一大産業に成長した。しかし、健康被害 … 続きを読む

「陸海空の現場~農林水産」美しくない負けっぷり

2019年6月10日
 世界貿易機関(WTO)の紛争処理上級委員会は4月11日、韓国による日本産水産物の輸入禁止措置を不当とした紛争処理小委員会(パネル、一審に相当)の判断を破棄し、日本が逆転敗訴した。  漁業関係者にとっては残念だが、消費者 … 続きを読む

ドゥテルテ支持率79%は秩序への評価

2019年5月30日
 フィリピンでの3月の世論調査によると、就任から3年を迎えつつあるドゥテルテ大統領への支持率は79%で、依然として驚くほど高い。  独裁的との批判もあるドゥテルテ大統領だが、歴代のフィリピン大統領の中でも、汚職に対しては … 続きを読む

異様な緊張続く習近平政権 経済減速より政治リスク重視

2019年5月30日
 今年1月、中国吉林省長春市の中心部ビルで起きた爆発事件を覚えているだろうか。公安当局によると、死亡した男(56)を容疑者と断定したという。しかし、中国のインサイド情報に詳しい龍評氏は、習近平政権が本当の事実を明らかにし … 続きを読む

「堕胎罪」は「憲法不合致」

2019年5月29日
 韓国の憲法裁判所は4月11日、人工中絶手術を行って起訴された医師が刑法の「堕胎罪」について判断を求めていた訴えに対し、妊娠初期の中絶までを全面的に禁じ、違反した場合は処罰するという刑法の規定について「憲法不合致」という … 続きを読む

バッタ博士、アフリカに行く 生態解明と新退治法の開発で

2019年5月29日
 「国際農研」ってご存じですか。正式名称は、「国立研究開発法人国際農林水産業研究センター」(茨城県つくば市)。この組織の目標は「世界から貧困をなくすこと。そのために世界中に食料を行き渡らせること」などを掲げる。本稿では、 … 続きを読む

屈せざる人々の姿見守る 土門拳賞に輝いた写真集

2019年5月29日
 カンボジアではフン・セン長期政権による強権支配が続く。政権による弾圧に抵抗する人々の姿を撮影してきたフォトジャーナリスト高橋智史さんの写真集「RESISTANCEカンボジア屈せざる人々の願い」(秋田魁新報社)がこのほど … 続きを読む

インドネシアコーヒーの魅力

2019年5月10日
 「コーヒー」と聞くと中南米やアフリカをイメージするかもしれないが、ここインドネシアも実は、世界有数のコーヒー豆生産国である。インドネシア国内でも、コーヒーは非常にポピュラーな飲み物で、イスラム教徒が多いこの国では酒に代 … 続きを読む

日中協力で貿易交渉を RCEPからTPPへ

2019年5月10日
 米国のトランプ大統領が2017年、環太平洋連携協定(TPP)離脱の大統領令に署名。日本とは包括的な自由貿易協定(FTA)を目指す対日貿易交渉の方針を打ち出した。米国は中国に対しても保護主義的な通商政策の下で貿易摩擦が続 … 続きを読む

1970年代の影

2019年4月24日
 タイで3月に実施された総選挙に向けて各政党の選挙運動が活発化していた2月中旬、軍の最高実力者であるアピラット陸軍司令官の言動が、にわかに国民の間に物議を醸した。  タクシン元首相派のタイ貢献党など反軍政党が、選挙公約と … 続きを読む

「厳しい舌」持つ日本と中国

2019年4月24日
 海外暮らしが長く、それも複数の国・地域に滞在した経験のある日本人同士で盛り上がる話題は海外での「食」の話だ。特に「あの国の食事はつらかった」といった苦労話がいちばんウケる。  経験的にはどの国・地域も「その地でいちばん … 続きを読む

メイかキャメロンか、それが問題だ

2019年4月24日
 今年に入り、再実施のうわさが絶えない英国の欧州連合(EU)からの離脱の是非を問う国民投票、日本でも大阪都構想を巡る住民投票再実施の可能性など、国民(住民)投票に、再び注目が集まっている。  こうした事態に至る経緯は、行 … 続きを読む

岐路に立つ米朝交渉の行方  首脳会談「決裂」の背景探る

2019年4月24日
 トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長がベトナムのハノイで2月27、28日の両日行った第2回米朝首脳会談は何の合意もなく、事実上、決裂した。その背景に何があったのか、岐路に立った米朝交渉の今後を探ってみた。 … 続きを読む

アイドル・ガイドラインの奇妙さ

2019年4月9日
 どこの国でも、国民が頼みもしないのに、お役所が奇妙な仕事をして、国民の意識との乖離(かいり)を露呈することがある。  韓国の女性家族省は2月に、2017年に出した「性平等放送プログラム案内書」というガイドラインの改訂版 … 続きを読む

ファーウェイ排除に逆らった英国 経済ブロック化に高まる懸念

2019年4月9日
 第5世代(5G)移動通信システムから中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)を排除し、中国に「デジタル冷戦」を仕掛けたトランプ米政権のもくろみが狂い始めた。英国が全面排除しない方向となったのに続き、ドイツなども同調 … 続きを読む

ホーカーズと公共交通

2019年4月3日
 シンガポールという国に、皆さんはどのようなイメージをお持ちであろうか。  世界有数の裕福で先進的な都市国家、ビジネスの中心地、物価の高い国などが一般的であろう。英経済誌エコノミストによると、2017年時点で5年連続、シ … 続きを読む

Time can heal

2019年3月27日
 2月27日から2日間にわたり、ベトナム・ハノイで、第2回米朝首脳会談が行われた。米国と北朝鮮は歴史的には敵対的であり、近年のミサイル実験と核問題による緊迫も懸念されてきた。  しかし、2018年の史上初の米朝首脳会談は … 続きを読む

実質的な軍政継続が焦点  タイで5年ぶりの総選挙

2019年3月27日
 タイで2014年5月に起きた軍事クーデター以来の総選挙が3月24日に実施される。アジア政治に詳しい、フリージャーナリストの須田浩康氏が、バンコクから現地の様子を報告する。(編集部)   大政党に不利な新ルール … 続きを読む

国籍付与は「パンドラの箱」か

2019年3月20日
 昨年の総選挙で勝利し、政権の座に就いたパキスタンのイムラン・カーン首相(66)が国内に滞在するアフガニスタン難民のうちパキスタンでの出生者に国籍付与を検討する姿勢を示したことが波紋を広げている。  パキスタンは国籍付与 … 続きを読む

マニラ市街戦、比は追悼の月

2019年3月18日
 2月のマニラは追悼の月だ。太平洋戦争末期の1945年2月3日から3月3日にかけての日米両軍によるマニラ市街戦の巻き添えで民間人約10万人が犠牲になったゆえだ。  マニラ市街戦は、太平洋戦争最大の市街戦だった。同戦争中の … 続きを読む

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ