お知らせ「株式会社 共同通信社」からのお知らせ

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム開催

 

 食や地域を取りまく状況は大きな転換点を迎えている。日本では農家の高齢化や農地の減少が進む一方で、世界では人口が増大し、世界中で災害も増加している。私たちはこれからも、安定的に食を享受できるのか。そして、地域社会は持続できるのか。今年度は食の憲法ともいえる「食料・農業・農村基本法」にもとづく基本計画の改定がすすめられる。今こそ、持続可能な食と地域をつくっていくため、幅広い国民的な議論を展開する時期だ。
 さあ、わたしたちの食を巡る未来をいっしょに考えてみましょう。

◆日時
2019年12月17日(火) 
開会14:40~終了17:00 (受付開始14:00)

◆会場
東京農業大学 世田谷キャンパス内 「百周年記念講堂」
東京都世田谷区桜丘1-1-1

◆主催
全国農業協同組合中央会、株式会社共同通信社

◆協力
全国町村会、東京農業大学、日本経済団体連合会、日本生活協同組合連合会

◆後援
神奈川新聞社、埼玉新聞社、千葉日報社、東京新聞

◆登壇者
・全国農業協同組合中央会(JA全中) 代表理事会長 中家徹
・全国町村会 経済農林委員長/長野県長和町長 羽田健一郎
・東京農業大学 国際食料情報学部 教授 堀田和彦
・日本経済団体連合会 農業活性化委員会 企画部会長/日本電信電話株式会社 代表取締役副社長 井伊基之
・コープデリ生活協同組合連合会 常務理事 山内明子
・料理研究家 森崎友紀
・株式会社共同通信社 取締役/共同通信アグリラボ 所長 石井勇人

◆入場料
無料

【申込方法
「持続可能な食と地域を考える」シンポジウムの参加申込み画面から登録、もしくはハガキ、FAXでお申し込みください。

①「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム 参加申込み
申し込みはこちらをクリック(注:別ウィンドウが表示されます)

 スマートフォンご利用の方は、以下のQRコードを読み込むことで、申込み画面にアクセスすることも可能です。

②ハガキまたはFAXでもお申し込みができます。
氏名、郵便番号、住所、性別、年齢、メールアドレス、登壇者への質問を記入して送付してください。
・ハガキ
〒105-7508 東京都港区東新橋1-7-1 汐留メディアタワー8階
株式会社共同通信社内
「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム事務局宛
・FAX
03-6252-6051

【お問い合わせ先
株式会社共同通信社 情報事業部
「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム事務局
電話03-6252-6044(09:30-17:30)

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ