「風のたより」のニュース

「風のたより~地域経済」公益的組織のあるべき姿

2021年4月30日
 風光明媚(めいび)で名高い三重県の伊勢志摩国立公園に隣接する丘の上に、志摩市民病院はあります。  この病院は、いまでこそ地域になくてはならない存在となっていますが、数年前まで赤字体質の上、スタッフと患者の減少の悪循環で … 続きを読む

「風のたより~地域経済」「いまココ」の時代

2021年4月21日
 1月に日本にも入ってきたClubhouse(クラブハウス)という音声のSNSアプリが話題になっている。アイフォーンのみアクセスできること、友人からの招待が必要であること、1人が2人までしか招待できないことから、当初利用 … 続きを読む

「風のたより~地域経済」風評払拭のけん引役に「福、笑い」

2021年4月7日
 農作業の様子を描いた藍色の手書きイラストのパッケージが印象的だ。福島県が14年かけて開発した高級ブランド米「福、笑い」が昨秋、県内と首都圏で先行発売された。食味アンケートの結果も上々で、今春から本格的な作付けが始まる。 … 続きを読む

「風のたより~地域経済」目指せ!コマ回しの聖地

2021年3月16日
 私が子どもの頃は「お正月にはたこ揚げてあげてコマをまわして遊びましょう」(東くめ作詞、滝廉太郎作曲)という歌のとおり、冬はたこ揚げやコマ回しをして遊んでいた。  特に6歳までいた長崎県佐世保市ではコマ回しをよくやった。 … 続きを読む

「風のたより~地域経済」ここまで来たか!! 地方商店街の衰退

2021年3月11日
 昨秋、ある地方都市の商店街を歩いていたとき、驚いて、立ち止まってしまうような光景に出くわしました。  その街は、地方都市の中でも地場産業が活況を呈しており、人口が減少しているとはいえ、衰退の一途という印象ではなく、逆に … 続きを読む

「風のたより~地域経済」エリア・リノベーション

2021年3月10日
 先日、長崎県東彼杵町(ひがしそのぎちょう)千綿(ちわた)にある「東彼杵ひとこともの公社」(以下、公社)を訪ねた。この組織は「公社」という言葉の響きから想像される団体とは全く異なっていた。一言でいうならば、地域のプラット … 続きを読む

「風のたより~地域経済」〝安心〟発信の拠点、「浜の駅」

2021年2月8日
 21年ぶりに訪れた浜は、記憶の風景と結び付かなかった。  宮城県境に近い、福島県相馬市の松川浦漁港で1999年秋、「全国豊かな海づくり大会」が現在の上皇ご夫妻も出席して開催され、当時、宮内庁担当だった私はご夫妻がヒラメ … 続きを読む

「風のたより~地域経済」ふく(福)を招く

2021年1月27日
 長崎県は水産県だ。漁獲高(天然)を見ると、タイ、ブリ、アジ、サバ、アマダイ、イサキ、サザエが全国1位。イワシ、アナゴ、イカもベスト3に入る。  しかし、最近では、意外な魚が全国1位になっている。養殖のフグ、クロマグロだ … 続きを読む

「風のたより~地域経済」住民が守る宿場の街並み

2021年1月5日
 鉄道を乗り継いでたどり着いた晩秋の奥会津は、紅葉が盛りでした。今回の旅の目的は、福島県下郷町の大内宿という江戸時代の宿場町の面影をとどめる集落で、かやぶき屋根と街並みの保全に取り組んでいる住民組織「大内宿保存会」の活動 … 続きを読む

「風のたより~地域経済」ごみ拾い・雪かきを楽しむ方法

2021年1月5日
 人口減少、高齢化の進展とともに、地域の草取りやごみ拾い、雪かきなどの活動の担い手不足が各地で課題となっている。街なかであれば行政がごみ収集や除雪などを行うこともある。だが、自治会などで作業してきた地域では、シルバー人材 … 続きを読む

「風のたより~地域経済」オガールの紫波町、新たな挑戦

2020年12月28日
 岩手県の中部に位置する紫波町(しわちょう)といえば、「稼ぐインフラ」といわれる、オガールプロジェクトで有名だ。役場と民間が連携して行った事業で、全国からの視察が絶えない。  地元で建設会社を営んでいた岡崎正信は、紫波町 … 続きを読む

「風のたより~地域経済」豪雪地帯の米と水が育む米焼酎

2020年12月23日
 「球磨(くま)焼酎」とも呼ばれる米焼酎の芳醇(ほうじゅん)さを知ったのは10年前、熊本支局に赴任してからだ。熊本・球磨地方特産の米焼酎を、福島県西端の山あいの地で造っていると聞き、蒸留所を訪ねた。  新潟県境の只見町。 … 続きを読む

「風のたより~地域経済」暮らしに寄り添うデザイン

2020年12月15日
 コロナ禍の飲食店を支援するためスマホアプリを使って先払いする「さきめし」。使ったことはなくても、聞いたことがある人は多いだろう。このアプリを開発したのは福岡のIT企業Gigi株式会社だが、同社に「さきめし」のアイデアを … 続きを読む

「風のたより~地域経済」地域で道を守る

2020年11月24日
 私たちが日々、利用する道路や橋梁(きょうりょう)の老朽化が問題となっている。道路や橋梁は、陥没や崩落が起これば人命に関わる事態ともなりかねず、適切な維持管理が求められる。早期の維持補修を通じた長寿命化対策は、中長期的な … 続きを読む

「風のたより~地域経済」鋳物工場に見学客殺到

2020年11月17日
 富山県高岡市は人口17万人、鋳物のまちとしても知られる。 中心街を歩くと、至る所でシャッターを閉めた店舗を見かける。かつて商都としてにぎわっていたのがウソのようだ。  ところが、私は、ある数字に驚いた。鋳物メーカー、「 … 続きを読む

「風のたより~地域経済」恩返しの連鎖

2020年11月2日
 新型コロナウイルス禍でアルバイトが減ったり、仕送りが途絶えたりで、日々の食事も満足にとれない学生がいる。そんな記事が地元紙の長崎新聞に載った。  当信組でも、何か支援できないかと思って始めたのが「まちの学食」だ。コンセ … 続きを読む

「風のたより~地域経済」188(いやや)

2020年10月8日
 3ケタの電話番号といえば、警察110番や救急119番が代表格だが、188番をご存じだろうか。消費生活相談につながるホットラインの番号である。  購入した商品が届かない。インターネットでたまたまあるサイトを開いただけで高 … 続きを読む

「風のたより~地域経済」人口増への仕掛けづくり

2020年10月6日
 新型コロナをきっかけに、東京一極集中が是正されるという期待感が出ている。「3密の極み」東京から、人口の少ない地方へ人が流れるというのだ。  しかし、私はそんな単純なストーリーにはくみしない。どこの地方もそんな恩恵にあず … 続きを読む

「風のたより~地域経済」「密」と「にぎわい」

2020年9月29日
 長崎県佐世保市のアーケード商店街は、直線につながったアーケードとして日本一だ。西海みずき信用組合の旧本店は、その一角にあった。  一般に金融機関の店舗は、平日午後3時以降と土、日曜日は閉まっている。商店街のにぎわいに水 … 続きを読む

「風のたより~地域経済」都市封鎖と青空

2020年9月15日
 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大によって多くの悲劇や災いが引き起こされたが、そうした状況にあって、あえて光明を見いだそうとすれば、途上国の都市部において大気汚染が改善したことがその一つとして挙げられよう。インド北部 … 続きを読む

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ