「野球」のニュース

『5つのチカラで強くなる メザトレ!』 各種スポーツ超一流の競技指導者が伝授!

2019年8月29日
 高橋書店(東京)は8月28日に、新シリーズ『5つのチカラで強くなる メザトレ!』 5点(サッカー/野球/ソフトテニス/卓球/水泳)を全国の書店およびネット書店で同時発売した。  元サッカー日本代表の石川直宏さんや、元野 … 続きを読む

プロ野球に関心が高い都道府県は? トップは3連覇した球団の本拠地!

2019年8月2日
イメージ  NTTレゾナント(東京)が運営する「goo+dランキング(グッドランキング)」はポータルサイト「goo」のアクセスログとNTTドコモが運営する「dメニュー」の公開データを用いて、ユーザーの興味・関心を分析。今 … 続きを読む

新刊「平成プロ野球史」が発売 中日・山井「幻の完全試合」の真相が明らかに

2019年7月16日
 日本の国民的スポーツ、プロ野球の平成時代を振り返る単行本「平成プロ野球史 名勝負、事件、分岐点―記憶と記録でつづる30年ー」が7月12日に発売された。  本書は、共同通信社運動部のプロ野球担当記者が長嶋茂雄氏や松井秀喜 … 続きを読む

令和最初の年に盛り上がるスポーツは? やっぱり今年大イベントを控えるあの球技

2019年6月26日
 エアトリ(東京)は、20代~70代の男女713人を対象に「国際スポーツ」に関する調査を実施。それによると、令和最初の年である今年、最も盛り上がりそうなスポーツは何かを聞くと・・・。  100メートルを9秒台で走る日本人 … 続きを読む

仲間意識育むキャッチボール! 北九州市大会に野球少年200人参加

2019年5月31日
仲間意識を育てるキャッチボール。2019年5月6日、北九州市の本城球場で。  火野葦平(ひの・あしへい、1907~60年)が、港湾労働者から身を起こした両親、父・玉井金五郎、母・マンの人生を描いた小説『花と龍』(1952 … 続きを読む

円陣の輪、咲き誇るグラウンド 高知で小学生のキャッチボール大会

2019年5月15日
結束を強める円陣(キャッチボールクラシック2019高知大会、4月30日)。  団体スポーツでチームの結束を強めるパフォーマンスにはさまざまなスタイルがある。 例えば、今秋のラグビーW杯日本大会でも披露されるだろう、ニュー … 続きを読む

ノムさん目指してボールで“会話” 京丹後市でキャッチボール大会

2019年4月15日
優勝した加悦フレンズ。  「三顧の礼」は、三国志の英雄劉備が三度訪ねて軍略の天才諸葛亮孔明を軍師に迎えた中国の“故事”にちなむが、現役を引退した野球の天才イチローは「国民栄誉賞」授与の政府打診を三度断り辞退した。地元愛知 … 続きを読む

高知ファイティングドッグスが室戸高校女子硬式野球部に技術指導 全国大会優勝に向けて

2019年3月26日
 四国アイランドリーグplusの高知ファイティングドッグスは3月20日、室戸マリン球場で高知県立室戸高等学校・女子硬式野球部員に技術指導を行った。この活動は2018年12月21日に両者で締結された協定によって実現。プロ野 … 続きを読む

球春到来、期待高まる侍ジャパン  ドーム周辺ブースも試合盛り上げる

2019年3月11日
侍ジャパン公式マスコット「応援侍たまべヱ」と写真を撮る家族  プロ野球はオープン戦が本格化、3月29日のセ・パ両リーグ同日開幕を待つだけとなり、まさに「球春到来」。東京五輪を1年後に控えた日本代表「侍ジャパン」にとっても … 続きを読む

国語辞典なんだけど・・・ カープ仕様にしてみました

2019年2月11日
 「鯉」は池などに飼う大きな魚。でも、「―党」という使い方もできる。そんな例文が掲載されている『三省堂国語辞典 第七版 広島東洋カープ仕様』(三省堂)が3月初旬、発売になる。  昨年リーグ3連覇という快挙を成し遂げたカー … 続きを読む

今年最も検索されたアスリートは? 圧倒的に女性から注目されたあの選手が1位に

2018年12月17日
 今年は、世界で活躍するアスリートが多かったが、ネットで検索された回数をランキング化すると・・・。NTTレゾナント(東京) が運営する「goo+dランキング」は、NTTドコモが運営する「dメニュー」の検索ログから、201 … 続きを読む

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ