「料理」のニュース

レモンは扱い方しだい パリ仕込みお菓子の本

2019年3月26日
 酸味が甘さをすっきりさせてくれるレモンのお菓子。春先になると食べたくなるスイーツだ。いつもはネット検索、という人も、きれいな写真とともにたまにはレシピ本を一冊。『レモンのお菓子づくり』(加藤里名著)が4月5日、誠文堂新 … 続きを読む

から揚げ専用の油! お店のような味を自宅で

2019年2月3日
 料理によって油の種類を変えている人は多いだろうが、そのメニュー専用の油は珍しい。J-オイルミルズ(東京)は、から揚げ専用の油「AJINOMOTOから揚げの日の油」を3月上旬に発売する。日本唐揚協会認定のこの油は、生姜風 … 続きを読む

『彩り野菜おかずの素』シリーズから新商品 「きゅうりのコクうま肉味噌」

2019年2月2日
 キッコーマン食品(東京)は、野菜にあえるだけで彩りのよい副菜ができる『キッコーマン うちのごはん 彩り野菜おかずの素』シリーズから、「きゅうりのコクうま肉味噌」(希望小売価格は200円)を2月4日に新発売する。  この … 続きを読む

人生最高の肉じゃが フレンチのテクで料理を変える

2019年1月31日
 いつも作っている家庭料理。レシピなんか見なくてもさくさくできるからこそ、たまにはプロのレシピをのぞいてみるのも一案だ。ちょっとしたひと工夫が案外うれしい結果につながることもあるかもしれない。『フレンチシェフが作る「人生 … 続きを読む

「食べる力」=「生きる力」! 弁当の日プロジェクトが“食育”を学ぶ団体への助成開始

2019年1月22日
 「食べる力」=「生きる力」。健全な食生活を育む“食育”の重要性が叫ばれて久しいが、その具体的なやり方、実践となると、とたんに難しくなる。「食育の大切さはわかるが、何をやったよいかわからない」という教育、行政関係者は少な … 続きを読む

今年のトレンド料理は何? 2位は「魔法のパン」だが、1位はあの魚を加工した・・・

2018年12月6日
 毎年、さまざまな料理や食材、調味料が話題となるが、今年のトレンド料理は? 料理ブログのポータルサイト「レシピブログ」(アイランド・東京)は、ユーザーが検索した人気キーワードをベースにした、2018年の料理トレンドを振り … 続きを読む

ペヤングを焼きます! 専用ホットプレートでカップめんの「焼かない」矛盾を解決

2018年11月28日
 カップ焼きそばは「焼かない」で食べるもの。その“焼きそば”じゃないじゃないか、という矛盾がついに解決される時が来た。世界初の焼きそば専用ホットプレート、「焼きペヤングメーカー」(ライソン・大阪市)が発売される。クラウド … 続きを読む

「今日、何食べたい?」の真意 作るよりも献立決めが負担に…

2018年11月21日
 朝出掛ける時に、「今夜何食べたい?」と聞かれる人は多いだろう。「おいしいもの」とか、「何でもいいよ」という答えは、相手任せでアウトな返事。なぜなら、料理そのものより、メニューを決めることの方に負担を感じる人が多いからだ … 続きを読む

料理と食べ物のなぜ?に答える 最新・最強の『料理の科学 大図鑑』

2018年10月25日
 魚はなぜ脳に良いのか? チーズはなぜ伸びる? など、なんとなく知っているようで曖昧な知識を、しっかりと裏付けてくれる本が出た。『料理の科学 大図鑑』(河出書房新社・東京、税込み4,968円)だ。味と健康にこだわる現代人 … 続きを読む

東は魚介、西は肉 日本全国鍋マップ

2018年10月12日
 そろそろやってきたお鍋の季節。ご当地色が出る献立の一つでもある。鍋料理に関するアンケート調査(さとふる・東京)によると、鍋の具材は、東日本で魚介類、西日本で肉類が好まれているらしい。  全国の20~69歳の男女2,35 … 続きを読む

レシピ本大賞入賞だけどエッセイ本 『もうレシピ本はいらない』シリーズ第2弾

2018年10月11日
 さまざまな料理のコツを教えてくれるレシピ本はたくさんあるが、レシピが書かれていない料理本は珍しい。マガジンハウスは、『もうレシピ本はいらない 人生を救う最強の食卓』の第2弾『レシピがいらない!アフロえみ子の四季の食卓』 … 続きを読む

レストランもシェアする時代!? 「シェフのためコワーキングスペース」がオープン

2018年9月14日
 飲食業界は新規参入が比較的しやすいといわれているが、一方で浮き沈みが激しく、失敗するリスクも高いといわれる。従ってシェフとしては優秀でも、独立して自分の店を持つことに抵抗がある料理人も少なくないだろう。“飲食店が簡単に … 続きを読む

“本当においしいご飯の炊き方” グッズの発売を記念しロフトでトークショー

2018年9月9日
 毎日炊いているご飯だが、正しい方法で炊いてる? 同じお米を使っても、研ぎ方や炊き方でおいしさは変わってくるはず。だったらおいしい炊き方を覚えておきたいもの。  お米を研ぐのに適した「Colander & Bow … 続きを読む

味覚って何だろう? 親子向けの特別料理教室「味覚のアトリエ」で一流シェフに学ぼう!

2018年9月6日
昨年の「味覚のアトリエ」で子どもたちの料理を見る田中総料理長。  「踊る!さんま御殿」の「食にこだわる有名人VSノットグルメ」トークで、食事は「サプリでもいいぐらい」とノットグルメ派のカズレーザーさんが話すと、すかさず料 … 続きを読む

「将来は寿司を握る料理人になりたい」 子どもの障害者を対象に料理教室

2018年9月5日
自立した生活に必要となってくるのが、料理の基本的な知識や技術の習得。独身世帯が増え、料理教室は盛況だが、これまでは健常者対象のものが多かった。最近は自治体主催の大人の障害者向け料理教室が開かれているが、料理をしない家庭が … 続きを読む

「子どものための料理教室」に参加した息子の言葉に感動 マンネリな自分の料理にもよい影響が?

2018年9月3日
子供が1人で挑戦できるよう工夫されたメニュー  女の子、男の子を問わず、子どもたちが家のことを積極的に手伝ってくれたらうれしいけれど、なかなか親の思うようにはいかないもの。自主的に手伝ってくれて、しかもそれが長続きするポ … 続きを読む

女子会も増加傾向の中華料理店 王道はやっぱり餃子とビール?

2018年8月22日
 スタミナ系から激辛、冷やし中華など、暑い季節にぴったりのメニューが目白押しの中華料理。「ホットペッパーグルメ外食総研」(リクルートライフスタイル・東京)が中華料理について調査を実施したところ、お店でよく食べる中華料理の … 続きを読む

仏料理界の“神様”逝く J・ロブション氏73歳で

2018年8月7日
イメージ  世界のあちこちに店を持ち、フランス料理の楽しみを広めた有名シェフ、ジョエル・ロブション氏が8月6日、がんのため、スイス・ジュネーブで亡くなった。73歳だった。美食ガイドとして知られるミシュランで、世界で最も多 … 続きを読む

時短料理でも体によいものを 働く女性の料理への努力

2018年7月31日
 働く女性は時間が足りなくて、料理も手抜き!? それはちょっと間違っているかも。元気に働き続けるために、時短料理でも自分で作り、栄養バランスにも気を付けている女性が多いという結果が、ソフトブレーン・フィールド(東京)が行 … 続きを読む

【もぐもぐ】食育への理解深める 弁当の日応援プロジェクト

2018年7月29日
 2001年に香川県の小学校で始まった「弁当の日」が全国に広がりつつあります。子どもたちが保護者の手を借りずに作ったお弁当を学校で食べる取り組みです。これまで西日本を中心に約2千校で実施されています。この活動をさらに東日 … 続きを読む

スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ