「メイク」のニュース

渡辺直美さんプロデュース! メークを引き立たせるカラコン

2018年6月18日
 お笑いタレントの渡辺直美さんがプロデュースしたカラーコンタクトレンズブランド「N’s COLLECTION(エヌズコレクション)」(PIA、東京)の一部4種類が、全国のコンタクト専門店・ドラッグストアなどで … 続きを読む

あなたも美しいグレイへアにしてみない? 白髪染めのストレスからおさらばして・・・

2018年3月30日
 「ありの~ままの~姿見せるのよ~♪」という歌が聞こえてきそうだ。主婦の友社(東京)が4月4日に発売する書籍「グレイヘアという選択」(価格1,500円+税)では、32人の女性たちの“染めない理由”を紹介。日本の女性が素敵 … 続きを読む

美人な自分を引き出そう! 長井かおりが教える「永遠の定番メイク」発刊

2018年2月15日
 これは、とても参考になるかも──宝島社(東京)は、2月16日に、「長井かおりが教える『永遠の定番メイク』」(税別980円)を発売する。  「~周囲がざわつく自分になる~必要なのはコスメではなくテクニック」(ダイヤモンド … 続きを読む

20代の2人に1人が「くすみ肌」? 現代の「5大くすみリスク」とは?

2018年1月26日
 肌はどうしても年齢とともに衰えていくが、ライフスタイルも肌の老化に大きく関係している。小学館の「しごとなでしこ総研」が、20~59歳の女性1,225人を対象にアンケート調査を実施したところ、20代女性の53.6%が「肌 … 続きを読む

“すっぴん”を目指すケアブランド 資生堂の「専科」リニューアル

2018年1月19日
 メークで美しい顔を作るのではなく、美しいすっぴんを目指すのがこのブランドだ。資生堂は、スキンケアブランド「専科」を刷新し、洗顔・メーク落としを「洗顔専科」としてリニューアル。自信の持てるすっぴんへと導くアイテム13品目 … 続きを読む

メークは何のためにする? 韓国は「デート」だが、日本は・・・

2017年10月20日
 国が変われば考え方も変わり、その違いはメークにも表れてくるようだ。カネボウ化粧品(東京)は、東アジアを中心とした7都市で、18~34歳の女性1,219人を対象に「女性のライフスタイル調査」を実施した。  7都市は東京・ … 続きを読む

40代からのツヤ肌メイク講座 プロのテクニックで10歳若返ろう!

2017年10月11日
 歳とともに体や肌が衰えていくのは仕方がないが、なるべくなら若く見られたいというのが女心。見た目が10歳若返るといわれたら、いくら払ってもいいくらい? ミスユニバースジャパン ビューティー講師を務める中野由紀子氏による「 … 続きを読む

「黒」とおもっていた貴女の瞳の色 実は「ブラウン」だったかも・・・

2017年7月24日
2017年AWポスタービジュアル  資生堂のメイクアップブランド「マキアージュ」は、瞳の色を解析するスマートフォン向けコンテンツ「I(EYE)SHADOW」をオープン! 資生堂独自の技術を用い、人によって異なる明るさ・鮮 … 続きを読む

モテ肌のポイントは? 男性がガッカリするメークはアレ!

2017年6月28日
“ツヤモテ美肌”イメージ  キレイだと感じる女性の肌は・・・ツヤ・潤いがある肌。ファンケルが「女性の肌・メーク」に関するアンケート調査を男女各200人に対して実施したところ、男性の約6割がそう答えた。男性は、30代の女性 … 続きを読む

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

2回戦の結果(6月6日開催)

川崎フロンターレ 3-2 ソニー仙台FC   水戸ホーリーホック 2-0 愛媛FC   湘南ベルマーレ 1-0 北海道教育大学岩見沢校   V・ファーレン長崎 2-1 松江シティFC &nb … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ