労働力不足に女子挺身隊 軍需工場で勤労奉仕

1944(昭和19)年6月8日、戦争の拡大で労働力が極端に不足し始めた太平洋戦争末期、「女子挺身隊」の若い女性が勤労奉仕で工場などへ大量動員された。米爆撃機B29による爆撃の標的とされる航空機製造の軍需工場などへも駆り出された。戦闘帽をかぶって旋盤機械を操作する表情にはかなりの幼さが残る。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ