第98回天皇杯

三菱水島FC(2年連続12回目)

 岡山社会人予選と岡山県代表決定戦は計4戦で9得点、3失点。堅守速攻を武器に安定した試合運びを見せ、2年連続で県代表の座を射止めた。

 分厚い守備をベースに粘り強く戦い、宮沢龍二、高瀬翔太の2トップが決定機をものにする。経験豊富なDF五百川慎也、MF山下聡也らベテラン勢と、大卒新人のDF安田拓馬ら若手の戦力が融合。攻守に隙が少なく、接戦に強い。

 資金難で日本フットボールリーグを脱退し、県リーグから再出発したのが2010年。一時選手は7人まで減ったが、不屈の精神で困難を乗り越え、16年には全国社会人選手権で岡山勢初の優勝を飾るなど、復活を遂げている。

 「強いチームと戦うことがモチベーションになる」と菅慎監督。11大会ぶりとなる1勝を挙げ、Jリーグ勢への挑戦権を奪取する。

 

(山陽新聞)

天皇杯サッカー
PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ