第98回天皇杯

グルージャ盛岡(11年連続12回目)

 岩手県選手権大会の決勝戦では後半立て続けにゴールを奪い富士クラブ2003に6―1で勝利し、11年連続の天皇杯出場を決めた。

 元Jリーガー菊池利三監督体制2年目の今季は、選手29人の半数以上15人の新戦力を獲得。新主将にはJ3のアスルクラロ沼津から移籍したMF河津良一を起用し、チーム革新を図る。既にリーグ戦ではMF白石智之やFW藤沼拓夢ら新加入選手が存在感を示している。

 昨年の本大会は1回戦で宮城代表のソニー仙台FCに2―0で勝利。2回戦はJ1の浦和レッズに2―3で競り負け、2年連続の3回戦進出を逃した。今大会は全日本大学選手権(インカレ)覇者でアマチュアシードチームの流通経済大学と対戦する。菊池監督は「相手には能力の高い選手がいる。勝ち進みJ1、J2のチームと戦うためにしっかり準備する」と闘志を燃やす。

 

(岩手日報)

天皇杯サッカー
PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ