イベント講演会・セミナーなどのイベント情報

第一回スポーツ懇話会講演会開催 『生徒、選手へ目標・モチベーションの持たせ方』

第一回スポーツ懇話会

演題
『生徒、選手へ目標・モチベーションの持たせ方』
~失敗や挫折からも努力をあきらめず、目標に向かって~

[講師プロフィール書類]上野広治氏 講師プロフィール

講師
上野広治氏(ロンドン五輪水泳日本代表監督)
日時
2013年5月29日(水)講演会17:00~18:00懇親会18:00~
場所
共同通信社14F
東京都港区東新橋1-7-1 汐留メディアタワー
tel:03-6252-6041
主催
共同通信社
後援
公益財団法人全国高等学校体育連盟・公益財団法人日本中学校体育連盟
内容
毎回、時宜に適した講師をお招きしてスポーツ指導者のための勉強会を年4回程度で予定しております。会員登録(個人・学校単位自由)をいただいた皆さまに、定期的に行われる講演会のお知らせをいたします。
費用
会員登録無料(個人でも学校単位でも登録自由)
聴講料¥5000(懇親会費含む)
お願い
5月17日(金)迄に同封の出欠表をFAXまたはE-Mailでご連絡ください。

会員登録されご参加の皆様には、後日あらためて詳細なご案内をさせていただきます。同様の案内はHP上でもご覧いただけます。会員の皆様のご参加をお待ちしております。

講師プロフィール 上野 広治(うえの こうじ)氏

1959年4月生まれ、東京都出身。日本水泳連盟常務理事 競泳委員長で、日本大学豊山中・高等学校(保健体育科)教諭・水泳部顧問。日本大学水泳部の監督も務める。日大豊山高校在学中からチームマネジメントに係わり、日本大学卒業後は豊山高校の教壇に立つ傍ら同水泳部コーチ、顧問を歴任。

96年のアトランタ五輪終了後より競泳の日本代表チームヘッドコーチに就任。シドニー五輪では銀2、銅2を獲得。アテネ五輪では金3、銀1、銅4の8個を獲得し日本競泳陣の躍進に貢献。05年からは日本代表監督に就任し、北京五輪では金2、銅3のメダルを獲得。昨年のロンドン五輪では27人の日本代表選手団を引き連れて戦後最多となるメダル11個(銀3、銅8)を獲得した。

日本代表のヘッドコーチに就任して以降、教員目線で個人競技である競泳をチームとして戦う姿に変えるマネージメントを行い、現在の日本代表を作り上げた立役者。

全国スポーツ懇話会

– 学校教育に活かすスポーツを通じての人間形成 –

部活動・生徒指導の教員や、地域ボランティアで少年野球やサッカークラブなどの指導をしている方を中心に参加者を募り、日々、苦労しているスポーツ指導のお役立ていただける場の提供をとしているものです。

専門的な指導方法の共有から、日ごろのワンポイントアドバイス、生徒、選手とのコミュニケーションのヒントになるものばかりと参加者から好評を得ています。毎回、時宜に適した講師をお招きして年4回程度で開催しているこの会は、スポーツ指導から会社での規律、社員教育のヒントに必ずお役に立ちます。

過去の演題、講師は下記よりご参照いただけます。

http://www.kyodo.co.jp/sports-leader

全国スポーツ懇話会  会員登録

会員登録されご参加の皆様には、後日あらためて詳細なご案内をさせていただきます。
会員の皆様のご参加をお待ちしております。

会員登録用紙

会員登録用紙 
記述例)学校単位登録 記述例)個人登録

全国スポーツ懇話会へのお問合せ

株式会社共同通信社 企画事業部 スポーツ懇話会

担当
田村・小俣
住所
〒105-7208
東京都港区東新橋1丁目7番1号 汐留メディアタワー
TEL
03-6252-6041
FAX
03-6252-6037
e-mail
sports-leader.kki@kyodonews.jp
HPアドレス
http://www.kyodo.co.jp/sports-leader

お問い合わせフォーム

全国スポーツ懇話会

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第96回天皇杯 トピックス

準々決勝~決勝 マッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)決定

第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会の準々決勝から決勝までのマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決まりました。 【第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会】<マッチスケジュール> [準々決勝]   … 続きを読む

きさらぎ会Image

東京きさらぎ会10月例会 logo:KyodoWeekly

東京きさらぎ会10月例会

共同通信社の 「きさらぎ会」 東京10月例会で、 遠藤利明・五輪担当相が 「2020年東京五輪・パラリンピック大会の成功に向けて」と題して講演した。 「東京五輪は日本の最新技術、芸術、文化を世界へ発信する最高のチャンス」と強調。その上で、五輪・パラリンピックを契機とする地域振興に取り組む姿勢を 示し、自治体の積極的な参加を呼び掛けた。

詳しく

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
このページのトップへ