「青森県」のニュース

とことん3密回避プラン 青森・奥入瀬の渓流を満喫

2020年6月2日
 緊急事態宣言があろうがなかろうが、第二波、第三波も考えて慎重な行動は必須。だからこそ、すべてを止めるのではなく「慎重」を基本にした生活を少しずつ動かしていかねばならない。旅もそろりとスタート。青森県十和田市の奥入瀬渓流 … 続きを読む

しずか、かおり、シーベルシーって? 3月8日は「果物の日」だった

2020年3月9日
 全部リンゴです。しかも全部青森県産。リンゴ試験場では約300種、県内で約50種のリンゴが栽培されているという。そのうち市場に出荷されているのは約40種。もちろん日本一の生産量だ。テレビもネットも新聞も、新型コロナウイル … 続きを読む

デザインの魅力に触れた1日! つがる市で少年らがロゴ制作を体験

2019年12月2日
ロゴマーク作りに初挑戦した、いずれも青森県つがる市の小学4年、江良楓真(ふうま)さん(左)と山本空輝(そら)さん=青森県つがる市立図書館  サッカーのピッチを駆け回る選手たち。選手の躍動に合わせユニフォームの“マーク”が … 続きを読む

星野リゾートで持続可能な地域文化の再生 青森のトウモロコシを生かした伝統工芸を体験

2019年10月16日
きみがらスリッパ  以前は地域の中で普通に行われていた資源循環。いつの間にか姿を消したかつての“方法論”を復活させる試みがある。馬が田畑を耕し、その馬がトウモロコシの実を食べ、残った皮を工芸品にする。「星野リゾート 青森 … 続きを読む

パラアスリートの鉄人は「哲人」でもあった! 弘前で共生社会の“種”まくパラ柔道ブラジル選手団

2019年7月26日
青森県弘前市で4度目の強化合宿をした視覚障がい者柔道ブラジル代表選手団ら=青森県弘前市、2019年7月9日  7月9日早朝、眠い目をこすりながら厚い生地の遮光カーテンを開くと、窓越しに朝日のように爽やかな岩木山が見える。 … 続きを読む

車いすラグビーから広がる「共生社会」 カナダ代表を迎え交流深める三沢市民

2019年7月22日
公開試合で激しくぶつかり合う日本の池崎大輔選手(左)とカナダのザック・マデル選手。両国のエース同士が本番さながらの火花を散らす(7月8日、青森県三沢市国際交流スポーツセンターで)  日がまだ十分に明るい7月7日夕刻、八戸 … 続きを読む

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ