「落語」のニュース

「落語の森」絆は深まらない~③

2019年11月19日
 好評につき(?)、3回目となる、「絆は深まらない」。  まずこのタイトルを説明させていただく。本来、絆は、家畜をつなぐ綱のことだ。「絆が太い・絆が強い」などの表現が正しいはずであるが、大手マスコミなどがこぞって「深まる … 続きを読む

「落語の森」艶笑落語

2019年11月5日
 好事家にはよく知られているが「禁演落語」をご存じだろうか。1941(昭和16)年の戦時下、「時局にふさわしくない」と噺(はなし)家さん自らが、艶っぽい噺・社会倫理に背く噺など53種を高座にかけるのを禁じ、浅草の本法寺に … 続きを読む

「落語の森」番頭さん

2019年10月8日
 「番頭さんッ」と旦那が呼ぶシーンから始まる噺(はなし)がいくつかある。大概の番頭さんは、旦那に従順で働き者で、と相場は決まっているが、そうでない番頭さんもいる。  その最たるものが「百年目」に登場の治兵衛さん。実直で口 … 続きを読む

「落語の森」廓噺

2019年9月12日
 落語の中に「廓噺(くるわばなし)」というジャンルがある。言わずと知れた「女郎(じょろう)買い」の噺。多くの噺家さんは、「じょうろかい」と言っている。その当時は、女郎買いが当たり前に行われていて演者も客も共感し合えたのだ … 続きを読む

「落語の森」夏が来れば…

2019年8月7日
 まずは、「夢の酒」。夢の中の若旦那の振る舞いからケンカになる若夫婦、それを収めるためさっきの夢の中に大旦那が・・・という発想がすこぶる落語的である。なのに名人先代(八代目)桂文楽師が演じると、現実味を帯びるから芸の力は … 続きを読む

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ