出版株式会社 共同通信社の出版物

記者ハンドブック 第13版

本体価格:1,900円+税
2016年3月22日発売

5年半ぶり増補大改訂 記者ハンドブック 第13版

新聞用字用語集
一般社団法人共同通信社(編著)

漢字と平仮名どちらを使うのか、同音異義語の使い分けは? 文章を書くすべての人にお薦めする用字用語集の決定版です。

詳細はこちら

入門 トランプ政権

本体価格:1,000円+税
2016年12月27日発売

緊急出版! 入門 トランプ政権

杉田弘毅(監修)
共同通信社(編)

共同通信社が新政権を解き明かす。移民・安全保障・外交・経済などトランプ政策を検証。トランプの素顔とは? そして世界と日本はどう変わるのか?

詳細はこちら

世界年鑑2017

本体価格:6,800円+税
2017年3月10日発売

世界情勢データブックの決定版! 世界年鑑2017

一般社団法人共同通信社(編)

世界各国の情勢と国際機関に関する最新データに主要ニュースを特集した総合国際情報年鑑。

詳細はこちら

大相撲力士名鑑 平成二十九年版

本体価格:2,900円+税
2016年12月13日発売

好角家必読の観戦ガイド! 大相撲力士名鑑 平成二十九年版

明治・大正・昭和・平成の歴代幕内全力士収録
亰須利敏・水野尚文(編著)

明治42年6月場所から平成28年11月場所までの108年間に活躍した幕内全力士851人を写真付きで完全収録

詳細はこちら

オフィシャル・ベースボール・ガイド2017

本体価格:2,769円+税
2017年2月17日発売

プロ野球を愛するすべての人必携! オフィシャル・ベースボール・ガイド2017

プロ野球公式記録集
一般社団法人日本野球機構(編)

わが国唯一のプロ野球公式記録集。2016年シーズンすべての公式記録と現役選手の年度別記録を収録。

詳細はこちら

共同通信ニュース予定2017

本体価格:2,700円+税
2016年12月7日発売

世界を「先読み」! 共同通信ニュース予定2017

一般社団法人共同通信社編集局予定センター(編)

2017年1月1日から12月31日まで1年間の国内外の政治、経済、スポーツ、文化など多岐にわたる予定が一日単位で分かるユニークな情報源。マスコミ&企画広報担当者必携の年間予定ガイド。

詳細はこちら

二つのコリア 第三版

本体価格:3,700円+税
2015年10月3日発売

朝鮮半島現代史の決定版! 二つのコリア 第三版

国際政治の中の朝鮮半島
ドン・オーバードーファー(著)
ロバート・カーリン(著)
菱木一美(訳)

朴正煕・金日成の時代から金大中・金正日の時代に加え、六カ国協議、金正日死去、金正恩新体制まで、韓国・北朝鮮現代史を克明に記録

詳細はこちら

発掘された日本列島2016

本体価格:1,800円+税
2016年6月3日発売

発掘調査の新情報を一気読み! 発掘された日本列島2016

新発見考古速報
文化庁(編)

「発掘された日本列島2016」展の公式図録。毎年8,000件超の発掘調査が行われている日本列島。数々の新発見の中から選りすぐった36遺跡を紹介する。発掘調査の最新情報や歴史トリビアも満載。

詳細はこちら

地方再生のレシピ

本体価格:1,512円+税
2015年10月27日発売

この本を持ってお寿司屋さんへ行こう! 地方再生のレシピ

食から始まる日本の豊かさ再発見
奥田政行(著)

山形の一つのレストランから、町が、地域が、意識が変わった!お寿司の楽しい食べ方、自然の見方、海を三次元で捉える方法、野菜・魚・肉の目利きの基本、売れる加工品の秘密と名前の付け方など、地方活性の立役者が語る料理の方法と方程 …

詳細はこちら

にげましょう 特別版

本体価格:1,944円+税
2014年2月8日発売

「にげる」ことは「生きる」こと にげましょう 特別版

災害でいのちをなくさないために
河田惠昭(編著)/GK京都(編)

1分1秒が生死を分ける巨大災害。防災の第一人者がいのちをつなぐ避難のタイミングを親しみやすいイラストとともに解説。災害からいのちを守る「親子のための避難と防災の絵本」です。

詳細はこちら

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第96回天皇杯 トピックス

決勝の結果(2017年1月1日)

鹿島アントラーズ 2-1 川崎フロンターレ (Ex)  

きさらぎ会Image

東京きさらぎ会10月例会 logo:KyodoWeekly

東京きさらぎ会10月例会

共同通信社の 「きさらぎ会」 東京10月例会で、 遠藤利明・五輪担当相が 「2020年東京五輪・パラリンピック大会の成功に向けて」と題して講演した。 「東京五輪は日本の最新技術、芸術、文化を世界へ発信する最高のチャンス」と強調。その上で、五輪・パラリンピックを契機とする地域振興に取り組む姿勢を 示し、自治体の積極的な参加を呼び掛けた。

詳しく

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
このページのトップへ