出版目録株式会社 共同通信社の出版物

新藤兼人 私の十本
映画・その他

新藤兼人 私の十本老いても転がる石のように

立花 珠樹(著) 新藤 兼人 
本体価格:
1,600円+税
刊行年月:
2011年7月
判型:
4月6日判/ページ数:348
ISBN:
978-4-7641-0633-8

内容紹介

99歳を迎えた日本映画界を代表する新藤兼人監督が、全監督作品から自ら10本を選び、その作品への深い意義。さらに人生における逸話や秘話を生々しく語った貴重な記録。全編を通じて、人生でいくつもの決定的な危機を乗り越えてきた新藤監督の、挫けず、前に進み続ける自己肯定力と、庶民の生命力に対する賛歌が脈々と流れ、東日本大震災後の苦しい状況にある日本人への貴重なメッセージとなっている。
◆私の十本◆愛妻物語/原爆の子/裸の島/人間/鬼婆/裸の十九歳/ある映画監督の生涯/落葉樹/午後の遺言状/一枚のハガキ

著者略歴

立花 珠樹(タチバナ タマキ)

共同通信社編集委員。1949年、北九州市生まれ。一橋大卒。74年共同通信社に入社。ニューヨーク支局などを経て、90年代から文化部記者として映画を担当する。著書に『「あのころ」の日本映画がみたい!』(彩流社)、『ニューヨーク人生横丁 光の海の街から』(共同通信社)。

新藤 兼人(シンドウ カネト)

1912年(明治45)年4月22日、広島県石内村(現広島市佐伯区五日市町)生まれ。34年新興キネマ撮影所に入社。50年、吉村公三郎監督らと独立プロ「近代映画協会」を設立した。61年『裸の島』でモスクワ国際映画祭グランプリ受賞。78年に女優の乙羽信子さんと結婚。2002年文化勲章受章。監督作品は49本、映画化されたシナリオだけで250本を超える。

全国選抜小学生プログラミング大会
Willfriends
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ