「なら国際映画祭」開催 芸術の力で子どもたちを応援

 NPO法人なら国際映画祭は、芸術の力で次世代を担う子どもたちの応援プロジェクトとして、9月18日から20日に「なら国際映画祭 for Youth 2021」を奈良市内で開催した。
 プロジェクトでは「ユース映画制作ワークショップ」「ユース映画審査員」「ユースシネマインターン」の3つのプログラムを実施。映画に関心を持つ26名の中高生らが参加した。
 映画制作に加わった高校生の古見成生さんは「人と考えを共有し話し合うことで新しい考えが生まれ、作品をさらに良くした。強い思いは必ず人に届く」とプログラムの成果を語った。
 18日夜にはレッドカーペットイベントが世界遺産・春日大社で開催された。挨拶に立った映画監督で映画祭エグゼクティブディレクターを務める河瀨直美さんは「奈良は文化を育んで継承し続ける場所。映画を通して生きることの大切さを伝えていきたい」と語った。
 映画祭では子ども応援プロジェクトのほか、「ベルリン国際映画祭 ジェネレーション」と「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア」の推薦作品らが上映された。

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ