京都橘大学にて新型コロナウイルスワクチンの職域摂取が開始

6月28日、京都橘大学(京都市)が職域摂取を開始した。8月末までに約7000人に接種する予定だ。会場となっている同学の中央体育館を訪れた。

待機・接種・経過観察の3エリアに分けられた会場は、人が滞留して密にならないよう、過去の集団接種での経験を活かして設営したという。特に力を入れたのは、地域医療に負担をかけずに職域接種を進めること。予診や接種、救急救命などを、同学の看護学部や健康科学部の教職員が担い、看護学部の卒業生である現役看護師も接種ブースに入った。誘導に立つのは現役の学生だ。同大学の日比野英子学長は、「チーム橘。すべて本学の教職員、卒業生、学生だけで実施できている」と説明した。

医療従事者として接種を実際に担当している看護学部の梶谷佳子学部長は、「集団免疫をつけることが今の社会の最優先課題。一人でも多くの方に接種をしたい。まずは安全に。そして、不安を抱えて来られているので、安心して受けていただけるようにということを配慮している」と話した。

学生や学内の関係者に加えて、地元である京都市山科区の保育士や教育関係者の予約も受け付けている。この日、ワクチン接種をした山科区の社会福祉法人・安朱(あんしゅ)保育園の嶋本弘文園長は、「あっという間だった。案内もスムーズで何の不安も感じずに受診できた」とほっとした表情を見せた。

京都市の門川大作市長も視察に訪れ、円滑な会場運営に感心し、「保育士や教職員など、頑張っている人たちにも枠を確保して対応してくれて、頭が下がる思い。感染防止と社会経済活動、文化活動が両立するように全力を挙げていきたい」と語った。

門川大作京都市長(左)、京都橘大学 日比野英子学長(右)

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ