日本能率協会 社会価値を生み出す取り組みを表彰「KAIKA Awards 2019」

 一般社団法人日本能率協会(JMA)は1月29日、「KAIKA Awards(カイカアワード) 2019」の表彰式を都内で開催した。
 KAIKA Awardsは、社会価値を生み出す持続的な経営・組織・人づくりを行っている取り組みを称え、紹介するための表彰制度で6回目の開催。2019年度は「KAIKA大賞」に、ASKUL LOGIST株式会社福岡物流センター、石坂産業株式会社、万協製薬株式会社の3社が選出された。災害復興への継続的な活動を称える「特別賞」は、認定NPO法人カタリバとNPO法人しんせいに贈られた。
 日本能率協会の中村正己(なかむら・まさみ)会長は「トップのミッションとビジョンが明確。それが従業員にしっかりと伝達されている」とKAIKA大賞を受賞した3社の取り組みを評価した。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ