世界初、調光コンタクトレンズ発売 ジョンソン・エンド・ジョンソン、10年以上かけ開発

 ジョンソン・エンド・ジョンソン ビジョンケア カンパニーは11月19日、10年以上かけ開発した世界初の調光コンタクトレンズの新製品発表会を都内で開催した。

 新製品「アキュビュー® オアシス® トランジションズ スマート調光™」は、目に入る光の量を調節するコンタクトレンズで、光が当たると濃い色にスピーディーに変化し、快適な視界を確保できる。

 トランジションズ オプティカル社と共同開発した調光剤(フォトクロミック分子)をシリコーンハイドロゲル素材に重合させる技術が使われており、光が当たると分子構造が変化して色が濃くなり、光が当たらなくなると元に戻る。これにより、コンタクトレンズの装用者は、自身で気づくことなくUV(紫外線)と有害なHEV(高エネルギー可視光線)から目を守ることができる。

 「アキュビュー® オアシス® トランジションズ スマート調光™」12月12日から全国の一部店舗で先行発売される。

 

アキュビュー® 公式サイト

https://acuvuevision.jp/

 

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ