スマホゲーム「ファントム オブ キル」5周年 今泉潤氏、ユーザーとともにユーザーのために続けていく

 Studio FgG(スタジオ エフジージー)がスマホゲームとして2014年10月23日にリリースした本格シミュレーションRPG「ファントム オブ キル」が5周年を迎えた。
 11月4日、東京・渋谷で「ファントム オブ キル 5周年 マスターミーティング」が開催され、駆けつけた数千人のユーザーが5周年を祝った。
 スマホシミュレーションRPGの先駆けとなった「ファントム オブ キル」のプロデューサー、今泉潤(いまいずみ・じゅん)氏は、今後もユーザーとともにユーザーのために続けていくとした上で「大切にしているリアルイベントでユーザーの声をくみ取り、これからも世代を超えて愛され続ける世界観を構築していきたい」と語った。

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ