中国国防白書、ロシアとの軍事協力明記 SPF China Observer 公開フォーラム開催

 笹川平和財団の安全保障研究グループは9月4日、公開フォーラム「SPF China Observer ー中ロ軍事協力の意義ー」を笹川平和財団ビル国際会議場(東京・港区)で開催した。
 同財団では、サテライトサイト「SPF China Observer」を通じて、日本国内の中国専門家が、中国の政治、経済、社会、外交、安全保障についての定点観測を発信しており、中国が4年ぶりとなる国防白書を7月24日に発表したことを受けて今回の公開フォーラムが開催された。
 2019年版中国国防白書では、米国に対する対決姿勢を打ち出し、米国対国際社会の構図の中で他国との連携強化を図るとしている。特に中ロ関係については、軍事協力を深めるとしており、7月23日には両軍機による合同パトロールも行われた。
 この公開フォーラムでは、東京大学先端科学技術研究センターの小泉悠(こいずみ・ゆう)特任助教と笹川平和財団の小原凡司(おはら・ぼんじ)上席研究員が、日本周辺の安全保障環境にも大きな影響を及ぼす中ロ軍事協力についての分析と今後の動向を2時間にわたり議論した。
 この公開フォーラムの全編動画が笹川平和財団のホームページ上で公開される。

笹川平和財団 – THE SASAKAWA PEACE FOUNDATION
https://www.spf.org/

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ