中国人民解放軍佐官級訪日交流事業2019 SPF、訪日団歓迎レセプション開催

笹川平和財団(SPF)は9月19日、都内のホテルで2019年度中国人民解放軍佐官級訪日団の歓迎レセプションを開催した。
 宋延超(そう・えんちょう)中国軍事委員会国際軍事合作弁公室副主任を団長とする訪日団24名は、9月17日に来日し、国会見学、防衛省と防衛研究所訪問、航空自衛隊入間基地視察、要人表敬などの研修プログラム終えており、9月26日までの滞在期間中に、陸上自衛隊と海上自衛隊の基地視察のほか、偕楽園や彦根城、琵琶湖、京都を訪れ、日本の文化にも触れる。
 日中佐官級交流事業は、笹川平和財団・笹川日中友好基金による国際交流事業として、日中両国の防衛関係者の信頼醸成を目指し、2001年に開始。日本の防衛省、中国の中央軍事委員会国際軍事合作弁公室と中国国際戦略学会の協力を得て、自衛隊佐官級訪中団と中国人民解放軍佐官級訪日団が毎年一回ずつ相手国を訪問している。2001年から2012年10月に中断するまでに計21回の相互交流プログラムを実施した。一時中断したが2018年に再開され、これまでに両国の防衛関係者の幹部367名が参加している。

歓迎レセプションの全編動画は笹川平和財団のホームページで公開される。
笹川平和財団
https://www.spf.org/

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ