「薬剤耐性菌」について考える高校生向け実験イベント、京都橘大学で

京都橘大学の啓成館では8月7日(水)、高校生向け1日体験入学イベント「バクテリア・バスターズ!〜悪夢の細菌を化学で捕まえ、最終兵器を見つけよう!〜」が開催されました。今世界で問題となっている「抗菌薬」に耐性を示す「耐性菌」。そんな最先端の科学に触れ、科学の面白さを肌で感じられるイベントです。

受講したのは28人の高校生。開講式を終えると、健康科学部臨床検査学科の中村竜也准教授らから、細菌や「抗菌薬」に関する講義を受けました。その後、5つのグループに分かれ、同学科2回生のサポートを受けながら実験開始。まず、3種類の試薬を使って、6種類の大腸菌の色調変化を比較。赤色がより黄色に変化したものを、最強の「耐性菌」と判定しました。次の実験では、最強と判定された「耐性菌」に対する、7種類の「抗菌薬」の効果を観察。スマートフォンを機械にかざして、菌の動きを撮影しました。体験を終えた高校生には最後、未来博士号が授与されました。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ