渋谷ヒカリエ、レストランフロアを女性向けにリニューアル

 東急電鉄は22日、渋谷ヒカリエの6階と7階のレストランフロアを開業以来初めてリニューアルし、新店舗が同時オープンした。

 コンセプトは、「Again, Shibuya Hikarie!」その日の気分や「食」の様々な利用シーンを意識した新店舗を誘致。主要ターゲットは20代後半~30代の働く女性。フロア空間も、グレード感、インポート感、ファッションをテーマにリニューアルした。

 新たにオープンするのは、日本初上陸のサンフランシスコで人気のモダン点心「ダンプリングタイム 餃子時間」、人気のパン店「MAISON KYSER」は新業態としてダイニングレストランを出展、「1/2PPUDO」では、高まるヘルシー志向への要望に応え、ラーメンは量少なめサイズで提供する。他には、モダンメキシカンが楽しめる「モダンメキシカン マルヤス」、人気のフルーツパーラー「果実園リーベル」、銀座の路地裏に佇むイタリアン「Vomero」の2号店、全国から集められた安心安全な野菜で作られた料理が楽しめる「やさい家めい」、ヘルシーな創作おでんが楽しめる「ベジ串 創作おでん ぬる燗佐藤」の計8店舗。

 渋谷ヒカリエ レストランフロアリニューアルについて

 http://www.hikarie.jp/renewal2019/#about


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ