「舞鶴引き揚げの日」ロゴマーク全国募集 多々良市長「来てーな舞鶴」アピール

 舞鶴市(京都府)は12月4日、記者説明会を東京都内で開催。知名度アップと地域活性化を目的とした観光誘客キャンペーン「来てーな舞鶴」を多々見良三(たたみ・りょうぞう)市長がアピールした。
 “引き揚げのまち”として知られる舞鶴市は、引き揚げの史実を後世に残すため、10月7日を「舞鶴引き揚げの日」に制定、国内外に発信する際に使用するロゴマークを全国から募集する。応募方法は、「舞鶴引き揚げの日」をイメージでき、親しみやすいデザインを、JPEG画像でコンセプトを明記してメールで送る形となっている。送り先は、maizuruhikiagekinenkan@nike.eonet.ne.jpで、期間は12月10日から来年2月8日まで。採用作品には賞金3万円が贈られるほか、舞鶴市に無料で招待される。問い合わせ先は、舞鶴引揚記念館(電話 0773-68-0836)。
 また、「来てーな舞鶴2018-2019」では、舞鶴かに(ズワイガニ)やカキなど舞鶴の新鮮な食材とグルメを楽しむ「フードツーリズム」と舞鶴独特の歴史と文化に触れる「歴史ツーリズム」を首都圏で実施する。

舞鶴市
https://www.city.maizuru.kyoto.jp/

舞鶴引揚記念館
https://m-hikiage-museum.jp/


スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ