トップアスリートをワンストップでサポート 帝京大学スポーツ医科学センター新棟開所

 帝京大学は10月13日、スポーツ医科学センターの新棟開所式を開催し、同大学のアスリートだけでなく学外のトップアスリートも受けられるワンストップのサポート「TASK(Teikyo Athlete Support Knowledge)」の概要と施設を紹介した。
 TASK(タスク)では、スポーツ傷害からの競技復帰や傷害の発生予防およびアスリートのパフォーマンス向上のためには、分野横断的で、多角的なサポートが必要不可欠であるという考えのもと、専門チームが分野を超えた連携をしながら、スポーツ傷害に悩むアスリートやパフォーマンス向上を狙うアスリートの課題を抽出し、克服に導く。
 新棟には、メディカルエリア・環境制御室・ウォーターリカバリー室・室内練習場など、サポートに必要な施設がすべて揃っている。「スポーツ医科学クリニック」では、臨床の第一線で活躍するスポーツドクター陣とコメディカルスタッフが連携し、スポーツ傷害や各種疾患への迅速かつ適切な対応と高気圧酸素治療など最先端の医療を提供する。
 また「MPI Tokyo」では、米ロサンゼルスで多くのアスリートやチームに活用されている動作分析プログラムを使い、エビデンスに基づく傷害復帰指標で動きの安全性を評価し、競技復帰に向けた取り組みに活用する。

帝京大学スポーツ医科学センター
https://teikyo-issm.jp/


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の結果(10月24日開催)

浦和レッズ 2-0 サガン鳥栖 鹿島アントラーズ  - ※11月21日開催 ヴァンフォーレ甲府 ジュビロ磐田 1-1 (PK:3-4) ベガルタ仙台 川崎フロンターレ 2-3 モンテディオ山形  

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ