中国・昆山市、先端4大産業育成に注力 日本企業との交流会を東京で開催

 中国・昆山市は7月30日、日本企業の関係者約400人を招き「中国昆山(東京)産業投資交流会」を東京都内で開催した。
 「上海・南京経済回廊」に位置し上海市に隣接する昆山市は、「開放、統合、革新、卓越」を都市の理念として掲げ「昆山発展モデル」を構築し中国の改革開放における成功例のトップ18の中にランクインしている。
 また、昆山市は「オールインワン・マルチウイング(一体多翼)」の開発コンセプトに基づき、4大産業(光エレクトロニクス、半導体、RNA干渉を利用した疾患治療システムRNAiとバイオ医薬品、ハイエンド製造業)の育成に力を入れている。
 昆山市に進出している日本企業は、牧田、東芝、トヨタ、日本精工、東京エレクトロンなど410社で、総投資額は今年6月時点で46億7千ドルに上っている。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の全日程が確定

 天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会・準々決勝の全日程が確定した。  鹿島アントラーズがAFCチャンピオンズリーグ準決勝に進出していることにより、同クラブとヴァンフォーレ甲府の一戦のみ11月21日に開催され … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ