組織風土改革のスコラ・コンサルト 「はるかぜ参謀」育成セミナー開催

 組織風土改革のパイオニアとして知られるスコラ・コンサルトは6月28日、東京都内のオフィスで「はるかぜ参謀」育成セミナーを開催した。
 管理職を対象にしたこのセミナーは、潜在的なネットワーク力、問題解決力やプロデュース力を一般職女性の中から見つけ、組織成長の要となる「はるかぜ参謀」を育成するという内容で、「はるかぜ参謀」が現場とトップをつなぎ、業績が向上した事例などが紹介された。
 スコラ・コンサルトは1980年代半ばから、「組織の風土・体質」という目に見えない領域に着目し、当時の日本ではまったくなじみのなかった「プロセス型」コンサルティングに取り組んできた。
 「プロセス型」のコンサルティングは、人の気持ちやモチベーション、人間関係、コミュニケーションのしかたや仕事のしかた、リーダーシップや意思決定、暗黙のルールなど、目に見えない部分(=プロセス)に働きかけて、組織の人たちが自分の力で答えを見つけて解決していけるように一緒に考えていくというもので、日本企業の組織や制度、文化や風土といった物理的・心理的な現実を出発点に、スコラ・コンサルトが重視している「組織を進化させる価値観」を設計思想としてつくり込んできた方法論「プロセスデザイン」を実践している。

スコラ・コンサルト
http://www.scholar.co.jp/


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ