ラクスル事業戦略説明会 印刷・物流業界の今後の展望

 ラクスル株式会社 (本社:東京都品川区、代表取締役社長CEO:松本恭攝)は6月12日、東京証券取引所マザーズ市場に株式を上場したことを記念して、東京本社で報道関係者向けに事業戦略説明会を開催した。
 登壇した松本社長は「2009年9月に会社を設立し、ことし5月31日にマザーズ市場に株式上場した。印刷のシェアリングプラットフォーム『ラクスル』と物流の『ハコベル』を展開している」と事業概要を説明した上で、「サプライチェーン(調達・供給網)に深く入り込み生産のノウハウを得て低価格を実現する。パートナーとウィンウィンの関係を築いていく」と自社の強みを強調した。
 株式上場の目的について「シェアリングプラットフォームは新しいビジネス。上場企業が提供するサービスという安心感を顧客とサプライヤーに提供していきたい」と今後の意気込みを語った。 【PR】

ラクスル
https://raksul.com/


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の全日程が確定

 天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会・準々決勝の全日程が確定した。  鹿島アントラーズがAFCチャンピオンズリーグ準決勝に進出していることにより、同クラブとヴァンフォーレ甲府の一戦のみ11月21日に開催され … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ