社会に貢献した企業・組織を評価 「KAIKA Awards 2017」表彰式開催

 日本能率協会は2月7日、「KAIKA Awards 2017」の表彰式を開催した。
 この制度は社会価値を生み出す持続的な経営・組織・人づくりの取り組みを称え、紹介するもので今回が4回目。
 今年の大賞には中日本高速道路「コミュニティの創生を目指した新たな地域連携の仕組みと人財育成」と原田左官工業所「次世代の左官職人育成プロジェクト」が選出された。
 また今年度から始めた「KAIKA経営トレンド」では、経営・マネジメントの動向予測を400人を対象に調査した結果、「脱『労働時間』」が一位となった。
 日本能率協会の中村正己会長は「個の力が組織を変えていき社会に貢献していくという、これからの企業経営の一つの理念を見せてもらった」と表彰式を振り返った。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

決勝の結果(1月1日開催)

セレッソ大阪    2-1    横浜F・マリノス

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ