アース製薬×大幸薬品 協業第一弾製品発表二酸化塩素を使う「クレベリン トイレの消臭除菌剤」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 アース製薬と大幸薬品は1月13日、協業第一弾となる「クレベリン トイレの消臭除菌剤」を発表した。
 消臭芳香剤に知見があるアース製薬が、大幸薬品が持つ二酸化塩素の特許技術を活用して開発した。二酸化塩素は空気中のウイルスや菌を除去する作用があり、大幸薬品は、人体に無害な二酸化塩素濃度を保ちつつ効果的に除菌できる技術を持っている。
 新製品は二酸化塩素でアンモニア臭の原因菌を除去して悪臭の発生を防止する。また二酸化塩素は自ら揮散するため、空気の流れがなくても空間を除菌できる。使用期間の目安は約2カ月で定価1000円。3月17日発売。
 
アース製薬
 
大幸薬品「クレベリン」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップフォト

最新写真ニュース

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第96回天皇杯 トピックス

決勝の結果(2017年1月1日)

鹿島アントラーズ 2-1 川崎フロンターレ (Ex)  

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
このページのトップへ