スマート家電まとめて守る トレンドマイクロが新製品 

 情報セキュリティー企業の「トレンドマイクロ」は5日、ネットに接続しているスマートテレビなど「IoT機器」が、ウイルスに感染する被害が増えているとして、ハッカーによる不正侵入などの攻撃から家庭内スマート家電をまとめて守る新装置を7日から発売すると発表した。
 家庭用ルーターに接続するだけで使える。家庭内に入る通信を監視して、IoT機器への攻撃を感知した場合に自動でブロックするほか、各家電が不正サイトに接続してウイルスを取り込むのを防ぐといった機能がある。スマートフォンの専用アプリで簡単に操作できるという。
 商品名は「ウイルスバスター・フォー・ホーム・ネットワーク」で直販価格は1万9224円、2年目以降は年6480円がかかる。
 国内でも、スマートテレビが「ランサム(身代金)ウイルス」に感染した被害が確認されたほか、ウイルス感染した防犯カメラなどが遠隔操作されて、企業に対するサイバー攻撃の「踏み台」となっていることが判明している。
 IoT機器の多くは個別にセキュリティーソフトを入れるのは難しい。同社は「ネットワーク経由で一括して対策するのが効果的だ」としている。

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

3回戦 ヴァンラーレ八戸vs名古屋グランパス 試合の取り扱いについて

 7月12日(水)、雷雨の影響により後半途中に試合中断後、試合中止となった「第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 3回戦 ヴァンラーレ八戸vs 名古屋グランパス(マッチナンバー【70】)」の試合の取り扱いについて、公益 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ