東芝ノートPC「dynabook V」シリーズ発表 31年間培った技術の集大成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝クライアントソリューションは12月1日、東京都内で新商品・最新技術発表会を開催し、ノートPC「dynabook(ダイナブック)V」シリーズを12月9日から発売すると発表した。
 「dynabook V」シリーズ4機種(予想価格:23万円~16万円台)は、ディスプレーが360度回転し、タブレットとしても使える2 in 1タイプ。厚さ1.54センチ、重さ1099グラムと軽量薄型となっているほか、17時間のバッテリー駆動に加え、充電を忘れた場合でも、30分の充電で7時間動かせるバッテリー制御技術が搭載されている。最上位機種の「dynabook V82」には、「第7世代インテルCore i7-7500Uプロセッサー」を搭載しているほか、独自開発の赤外線カメラによる顔認証機能を備えている。
 同社の柏木和彦取締役は、「ノートPCで31年間培った技術の集大成。人に寄り添う“真のパーソナルコンピューター”」と自信を見せた。

東芝 dynabook.com(ダイナブックドットコム)
https://dynabook.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップフォト

最新写真ニュース

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第96回天皇杯 トピックス

決勝の結果(2017年1月1日)

鹿島アントラーズ 2-1 川崎フロンターレ (Ex)  

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
このページのトップへ