大阪大xケロッグxグリコ 無料朝食セット提供開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪大は、新入学生を主な対象として規則正しい食生活を送ってもらおうと、17日から無料朝食の提供を始めた。産学連携の取り組みで日本ケロッグ(東京都)がシリアル、江崎グリコ(大阪市)がヨーグルトなどの乳製品、大阪大はゆで卵とフルーツを提供する。

朝食をほとんど取らない人は、将来、脳の血管が破れる脳卒中(脳出血)の発症リスクを増加させることが、大阪大と国立がん研究センター等との共同研究で明らかにされている。この研究は2月に発表された。朝食の回数と病気の関連を分析すると、週に0~2回食べるグループは、毎日食べるグループより脳卒中の危険性が高く、中でも脳内の血管が破れる脳出血のリスクは36%高かった。磯博康 (いそ・ひろやす)・大阪大教授(公衆衛生学)は脳出血などの生活習慣病にかからないために「遠い将来のことと思わずに、今から朝食をしっかり食べる習慣を身に付けてほしい」と話した。

大阪大学が昨年度の新入生を対象に行ったアンケートでは、学生の30%が「朝食を抜くことがある」、15%が「普段朝食を食べない」と約半数が朝食を毎日食べないと回答。大学時代に朝食を抜く習慣をつけてしまうと社会人になってもその習慣になってしまう。西尾章治郎(にしお・しょうじろう)大阪大総長も「朝食から生活リズムを整える習慣を付けて、正しい食生活習慣を身に付けることで、より長く社会に貢献できる」と朝食の重要性を訴えた。

朝食の無料提供はは来月10日までの平日朝8時から、豊中キャンパスの「豊中図書館下食堂」で毎日行われる。1日300食限定。対象は阪大生協組合員。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップフォト

最新写真ニュース

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

1回戦の結果(4月22、23日開催)

アルテリーヴォ和歌山 2-3 FCマルヤス岡崎   いわきFC 8-2 ノルブリッツ北海道   ギラヴァンツ北九州 10-0 アルヴェリオ高松   韮崎アストロス 1-5 ブリオベッカ浦安   AC長野パルセイロ 1-0 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
このページのトップへ