「食料」のニュース

「口福の源~食料」ワイン商としての道

2021年11月4日
   ワインのボトルにはたくさんのドラマが詰まっている。  ワイン商として、その魅力を伝えることは私たちの最大のミッションであるが、ワインビジネスそのものにも人生の哲学を学ぶ場面があふれていて、生産者たちからは … 続きを読む

「口福の源~食料」「萌え断」に注目

2021年10月13日
 久しぶりにイタリア生まれのスイーツがブームになっている。名前は「マリトッツォ」。ティラミスやパンナコッタほど覚えやすくないのが難点だが、今年の2月頃からまず京阪神で人気が出て、5月には全国的に知られるようになり、あっと … 続きを読む

「口福の源~食料」芸術品のような段々畑

2021年9月1日
 山口県萩市は、長州藩の城下町であり、幕末・明治維新に際して、吉田松陰をはじめ、多くの優れた志士・偉人を輩出したことで知られる土地だ。  その沖合に三つ(櫃島(ひつしま)を入れると四つ)の有人離島がある。本土に近い順に挙 … 続きを読む

「口福の源~食料」ちょっと冒険しませんか?

2021年8月17日
 “南仏”とくくってワインを語るには、南フランスは広すぎる。ローヌは南北200キロあり、ブルゴーニュに近い。北から南まで品種もスタイルも異なり、地中海に近いリゾート地プロバンスはロゼが有名で、手ごろなワインがそろうラング … 続きを読む

「口福の源~食料」スパイスカレーに熱視線

2021年8月10日
 日本ではじめてカレーのレシピを掲載した「西洋料理通」と「西洋料理指南」は、西洋料理という語を題名に冠した最初の料理書でもある。刊行はともに1872(明治5)年、前者の著者は戯作者でジャーナリストの仮名垣魯文(かながき・ … 続きを読む

「口福の源~食料」「死ぬまでに見るべき島」

2021年7月19日
 今回の舞台は東京諸島の青ケ島、東京港の南358キロ、八丈島の南65キロにある周囲9キロの火山島である。この距離感が意味しているのは、夜間に民宿から一歩外に出て海を眺めてみても何の明かりも見ることができない、星空しか見え … 続きを読む

「口福の源~食料」シャブリは奥が深い

2021年7月15日
 日本では特に知名度が高いとされるフランス・ブルゴーニュ産の白ワイン“シャブリ”。  ワインを普段飲まれない方もシャブリをご存じの方は多いはずだ。私が「シャブリが大好き」と話すと、ワイン業界人同士であれば「やっぱりそうだ … 続きを読む

「口福の源~食料」醤油はどこから来たのか(2)

2021年7月5日
 前回(4月19日号)は、しょうゆの歴史を呼称に関する古文書の記述を中心に考察してみました。「醤(ひしお)」や「豉」と呼ばれるしょうゆとみそに分化する前の状態で大陸から日本に伝わった発酵調味料は、7世紀には液状と固体にわ … 続きを読む

「口福の源~食料」いのちを食べている実感

2021年6月23日
 国産ジビエ(野生鳥獣の肉)の活用推進と普及につとめている日本ジビエ振興協会代表理事、フランス料理シェフの藤木徳彦さんがさる4月30日、東京・世田谷区の駒場学園高校食物調理科3年生に、ジビエの1日授業を行った。  授業は … 続きを読む

「口福の源~食料」後世に受け継ぐ努力

2021年6月9日
 山口県の最東端に位置し、瀬戸内海の西に浮かぶ屋代島(周防(すおう)大島)と、その周囲に浮かぶ五つの有人島と25の無人島から成る山口県周防大島町は、離島振興の父といわれる民俗学者、宮本常一翁の故郷である。  屋代島は19 … 続きを読む

「口福の源~食料」「日本遺産」笠岡諸島の味

2021年5月7日
 岡山県南西部の笠岡市にあって、南は香川県、西は広島県に接し、大小約30の島々が南北に帯状に点在しているのが笠岡諸島だ。  そのうち、高島、白石島、北木島、真鍋島、大飛島(おおびしま)、小飛島(こびしま)、六島(むしま) … 続きを読む

「口福の源~食料」春到来、花を食す

2021年4月30日
 今年もはや3月弥生(やよい)になり春の訪れを感じます。朝の通勤で小さな変化がありました。車窓から眺める江戸川の土手が菜の花の黄色に染まり始めました。 そういえば先日は、菜の花のおひたしが夕食に登場しました。菜の花が食用 … 続きを読む

「口福の源~食料」「スーパーフード」効果で普及

2021年4月21日
 ある食べ物が普及したり流行したりするのに「体にいい」は大きな要因になる。たとえば赤ワインはアルコール飲料で、チョコレートは高カロリーなのにもかかわらず、ともに健康に役立つとされるポリフェノールを豊富に含んでいることがブ … 続きを読む

「口福の源~食料」神の島の美味なる小魚

2021年4月7日
 滋賀県にあるわが国最大の面積と貯水量を誇る湖、琵琶湖。ここにある有人離島が約1・5キロの沖合に浮かぶ島、沖島である。  面積約1・5平方キロメートルの島の南西部にある集落に約250人の住民が居住している、日本で唯一湖に … 続きを読む

「口福の源~食料」語れる産地ピエモンテ

2021年3月16日
 「ワイン業界のトレンドは?」そう聞かれることは多いがコロナ禍における「家飲み」の影響はワインビジネスとしても大きい。個人的にも、ワインの消費はもちろん、グラス、ナイフ、フォーク、お皿、仲間入りしたグッズが増えた。  「 … 続きを読む

「口福の源~食料」もう一つのしょうゆ、魚醬

2021年3月12日
 暦は立春を過ぎましたが、まだまだ寒い日が続きますね。特に日本海側は雪が多くて大変な思いをされていると思います。数年前、金沢を訪れた時にタクシーの運転手さんから「最近は雪が降らなくなった」と聞いていたのでニュースを見て驚 … 続きを読む

「口福の源~食料」納豆の普及を進めたモノ

2021年3月11日
 1月にテレビ朝日系列で、納豆を特集する情報バラエティー番組が放映された。印象的だったのは、納豆が「いま大ブーム」と紹介されていたこと。たしかにスーパーなら10種以上、コンビニでも3、4種、大豆の種類や粒の大小、タレの味 … 続きを読む

「口福の源~食料」アートと大アサリ

2021年2月24日
 愛知県西尾市の一色港から市営高速船で約20分、西尾市一色地区から南に約8キロの距離にあり、三河湾のほぼ中央に位置しているのが佐久島(さくしま)、面積1・73平方キロメートル、人口234人のアートの島である。  海岸線延 … 続きを読む

「口福の源~食料」ブルゴーニュの冬が恋しい

2021年2月8日
 2020年、最初で最後の出張は、1月のフランス・ブルゴーニュだった。ワインの聖地と呼ばれ、絶大な人気を誇る銘醸地だ。  毎年、年に2度ほどブルゴーニュを訪れているが必ず1回は真冬。深々と冷え込み、ものすごく寒いが、生産 … 続きを読む

「口福の源~食料」新しい年を迎える味

2021年1月27日
 新しい年が始まりました。今年もどうぞよろしくお願いいたします。  世界でも日本でも、生活に大きな変化があった2020年、いつもとはちがう年末年始を過ごされた方も多いのではないでしょうか。帰省や旅行を控え、自宅で年取りを … 続きを読む

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ