「新型コロナウイルス」のニュース

「コロナ後」社会と対人距離の変容

2020年7月7日
 シルベスター・スタローン主演の映画「デモリションマン」(1993年)の舞台は2032年。犯罪も暴力もない、無菌化されたクリーンルームのような管理社会だ。そこへ20世紀に冷凍刑に処された凶悪犯が脱走し、これを追うべく同時 … 続きを読む

アフガン少女のロボットチーム

2020年7月7日
 不穏な空気を伝えるアフガニスタンからのニュースを読むと、かの地の取材で出会った10代、20代の女性たちのことを、つい考えてしまう。新型コロナウイルスの拡大、それに治安部隊と反政府組織の戦闘が激化する社会で、彼女たちは毎 … 続きを読む

外食、美容室、買い物へ 感染者数増加も、薄れつつある緊張感

2020年7月7日
 緊急事態宣言の解除から1カ月が過ぎた。東京は再び感染者数100人超えの状態だが、通勤電車は混んできたし、街中もコロナ前の風景とほぼ同じに見えるところが多い。宣言解除のその後を聞いた「新型コロナウイルス生活影響度調査」( … 続きを読む

コロナ禍で結婚意識は高まった? 男性よりも女性が高い傾向に

2020年7月7日
 外出自粛の生活は日々の行動スタイルだけではなく、人々の考え方にも大きな影響を及ぼした。結婚相手紹介サービスを運営するオーネット(東京)は、20~39歳の独身男女992人を対象に「結婚」に関する意識調査を実施した。最初に … 続きを読む

アルバイトの苦学生を直撃 後手後手の政策で窮地に

2020年7月6日
 新型コロナウイルスの感染拡大による影響は、アルバイトをしながら生活費などを稼ぐ学生を直撃している。自身も大学生時代にバイト生活に苦しみ、大学を無事卒業した吉野実さんが、スピード感のない政府の給付金制度の問題点を指摘する … 続きを読む

持続的な支援体制の構築を コロナ禍の高齢者の生活

2020年7月6日
 新型コロナウイルスの感染拡大が、高齢者の日常生活にさまざまな悪影響を引き起こしている。持病のある方や要介護者はもちろん、自立した生活が可能であった高齢者までもが、これまで利用してきた日常生活に必要なサービスを受けること … 続きを読む

マスク外すとドローンが警告 中国コロナ対策の最前線ルポ

2020年7月6日
 東京都で2カ月ぶりに、新型コロナウイルスの感染者が100人を超えている。世界各国でもいまだ猛威をふるい続けているが、隣国中国ではどんな対策がとられてきたのか。『新型コロナVS中国14億人』(浦上早苗著、小学館、税別82 … 続きを読む

感染者ゼロ、岩手県の違いとは? 各地域のコロナ対策を比較

2020年6月30日
浄土ヶ浜イメージ  この数カ月、新型コロナウイルスの感染者情報を見聞きしながら、日本人の誰もが抱いている疑問の一つは、岩手県はなぜ感染者ゼロを維持できているのか?だろう。岩手県民の意識や行動は他県と違うのか? 北海道、岩 … 続きを読む

とらえた!新型コロナウイルス〝誕生〟の瞬間 東京都健康安全研究センターが撮影

2020年6月26日
 新型コロナウイルスが感染細胞から出てくる「出芽」の様子を、東京都健康安全研究センター(東京都新宿区)が走査型電子顕微鏡で撮影、HPに公開している。無数のウイルスの塊が細胞表面に群がるように写っており、まがまがしさを感じ … 続きを読む

中止になって一番残念なイベントは? ストレスを癒やしてくれた芸能人1位は、大人気アイドルグループ

2020年6月24日
イメージ  プロ野球は先日やっとシーズンがスタートしたが、今年は多くのイベント・行事が新型コロナウイルスの感染拡大防止で中止になるなど、社会全体が大きな影響を受けている。スカパー!は、15~69歳の男女1,000人を対象 … 続きを読む

9月入学を考える―大改革に取り組む力ある?

2020年6月23日
 新型コロナウイルス感染の拡大で休校が長期化する中で、「9月入学」問題が浮上した。しかし、この議論は、この時期に進める必要があるものなのか。   確かに、休校による学習の遅れへの心配には一理ある。とりわけ来春に受験を控え … 続きを読む

謎深まるコロナウイルス感染源 中国内の報道から検証

2020年6月23日
 新型コロナウイルスをめぐりトランプ米大統領らは、中国湖北省武漢市にある武漢ウイルス研究所からの流出説を唱えている。一方、中国側は猛反発し、米中対立の火種となっている。〝真相〟は今後の調査に待たれるが、中国ウオッチャーの … 続きを読む

コロナ禍の「棄民」たち

2020年6月23日
 新型コロナウイルスの緊急経済対策として、国が1人当たり一律10万円を配る「特別定額給付金」の申請者が殺到している。  オンラインの申請は早い自治体で、5月1日から始まっているが、そんな最中にSNSを通して、ロックダウン … 続きを読む

「風のたより~地域経済」タクシーでお弁当デリバリー

2020年6月23日
 新型コロナウイルス感染症の影響を何とか乗り切ろうと、多くの飲食店がテークアウトに乗り出している。ただ、お弁当を作るのはいいが、配達の手が足りない。ここ長崎県佐世保市にはウーバーイーツも出前館も進出していない。そこで当信 … 続きを読む

きしみだした〝チーム安倍〟 永田町、早くも関心は100日後

2020年6月19日
 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う「緊急事態宣言」が、5月14日、大幅に解除された。まだまだ予断は許されず、経済の立て直しも喫緊の課題であるが、「6月に何となく収まる」(麻生太郎副総理兼財務相)といった見方が出始めるな … 続きを読む

力量問われる日本政治 コロナ感染拡大、未曽有の試練

2020年6月19日
 新型コロナウイルスの爆発的流行は政治にも未曽有の試練を課している。政府・与党は緊急事態宣言発令をはじめ未体験の緊急対応に追われた。野党も政府を批判しつつ協力するという、ジレンマの中で非常時のあるべき野党像の提示を迫られ … 続きを読む

4~6月は過去最悪の景況落ち込みに 中小企業はコロナの影響大

2020年6月19日
イメージ  東京商工会議所は、東商けいきょう(東京23区内の中小企業の景況感に関する調査)2020年4~6月期の集計結果と、新型コロナウイルス感染症に関する中小企業100社へのヒアリング結果を発表した。調査期間は5月22 … 続きを読む

比でなお続く「防疫戦争」

2020年6月17日
 アジアでは、一部の国を除いて新型コロナウイルスをめぐる「防疫戦争」にようやく終息の気配が見え始めている。  さまざまな国の感染者数、死者数の推移を調べてみると、感染者数、死者数の1日平均の増加率が1%を切ると感染は抑制 … 続きを読む

「これからの2週間」―いらない美しい言葉

2020年6月17日
 「これからの2週間」という言葉を何度と聞かされたであろうか。次の2週間が「重大局面」とか「分岐点」とか、さまざまな表現で、政府は小刻みに時期を区切ってきた。  緊急事態宣言の前には、まだそこまで切迫していないと、宣言回 … 続きを読む

「風のたより~地域経済」NPOのお金の壁

2020年6月17日
 新型コロナウイルスの感染拡大で、筆者が校長を務める大杉谷(おおすぎだに)自然学校(三重県大台町)は3月から体験活動を休止している。自然体験や環境教育をしている、全国の自然学校でも仕事が激減し、既に経営に影響が出始めてい … 続きを読む

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ