「地域経済」のニュース

「風のたより~地域経済」「人を呼び寄せる力」信じて花作り

2021年10月13日
 東京五輪の表彰台に立ち、笑顔をはじけさせるメダリスト。その手にあるのは副賞のビクトリーブーケだ。「復興五輪」の象徴として宮城県産のヒマワリ、岩手県産のリンドウ、そして福島県で栽培された薄緑色のトルコギキョウがあしらわれ … 続きを読む

「風のたより~地域経済」持続可能な金融機関へ

2021年10月13日
 手前みそだが、西海みずき信用組合(長崎県佐世保市)の地域振興室は、業界で少し注目されており、取材を受けることも増えてきた。  同室のメンバー3人は皆、次のように銀行員らしくない経歴を持つ。①有名映像制作会社出身で、地域 … 続きを読む

リアルとバーチャルでつながる 自治体アンテナショップ事情

2021年10月13日
 自治体が出店する都内のアンテナショップは、新型コロナウイルスの感染拡大以来、大幅な減収となり、東京五輪・パラリンピックによるインバウンド(訪日外国人客)の地方への誘客も期待できなくなった。一方で、各ショップでは、地元と … 続きを読む

「風のたより~地域経済」「大谷、今日もホームラン打ったってよ」

2021年9月8日
 家族の会話が、米大リーグ機構(MLB)のエンゼルスで活躍する大谷翔平選手の話題から始まることも珍しくなくなりました。大谷選手をはじめ、ダルビッシュ投手や菊池雄星投手らの日本の一流選手がMLBで活躍する姿は、うれしくもあ … 続きを読む

「風のたより~地域経済」人口10万人という圏域

2021年9月1日
 日ごろ、ビジネスや生活を通じて自分が行動する範囲は、どの程度の広がりを持っているだろうか。また、感染症拡大はその範囲をどのように変化させたのだろうか。今回はこうした圏域とその人口規模について最近の議論を紹介する。  今 … 続きを読む

「風のたより~地域経済」移住者がつなぐ伝統和紙

2021年8月12日
 生成り特有の素朴な色合いの手すき和紙が、映画「フラガール」の舞台で知られる福島県南東部のいわき市で生産されている。  遠野和紙。美濃や越前といった「日本三大和紙」ほど知名度はないが、400年以上の歴史を持つ福島の伝統工 … 続きを読む

「風のたより~地域経済」幕末の長崎を再現したい

2021年8月10日
 長崎県は若者の人口流出(とくに高校卒業時と大学卒業時)に悩んでおり、県内就職率の向上が大きな課題だ。筆者が思うに、県内就職率が低いのは長崎県内の企業のことを学生が知らないことが一因だろう。特に佐世保市は、県下第2の大都 … 続きを読む

「本の森」まちづくりチャレンジ550 地域再生大賞の10年

2021年8月10日
地域再生大賞実行委員会 編 ●192ページ ●一般社団法人共同通信社   「捨てたもんではないな」    「こんな状況で、まちづくりができるのだろうか」  新型コロナウイルス感染症が日本を覆い始めた昨 … 続きを読む

「風のたより~地域経済」地方にも良質な賃貸住宅市場を

2021年7月19日
 「夢のマイホーム」。使い古された言葉ですが、依然として同意する人は多いでしょう。一生家賃を払い続けても何も残らないが、持ち家ならローンが終われば自分のものとは、不動産業者の常とう句ですが、正論でもあります。  高齢社会 … 続きを読む

「風のたより~地域経済」都市と農村の縁組

2021年7月15日
 東京都世田谷区と群馬県川場村は、40年前にふるさとづくり戦略に根差した「縁組」協定を締結、そのつながりは両地域の暮らしを豊かなものにしている。  1981年、世田谷区は川場村との間で「縁組協定」(正式名称:区民健康村相 … 続きを読む

「風のたより~地域経済」エゴマの力でふるさと再生

2021年6月23日
 単身赴任生活に加え、新型コロナウイルスの感染拡大による巣ごもり状態も長引き、腹回りが気になってきた。中性脂肪の合成を抑えたり、代謝を促したりといった効果が期待できるというので、最近は「オメガ3脂肪酸」を多く含むエゴマ油 … 続きを読む

「風のたより~地域経済」世界遺産「黒島」を訪ねて

2021年6月14日
 今年のゴールデンウイークは、旅行を我慢して巣ごもりした方が多いかと思うが、コロナ禍が収まったらぜひ長崎県を訪れてほしい。おくんち・精霊(しょうろう)流し・ランタンフェスティバルなどのイベント、長崎の夜景やハウステンボス … 続きを読む

「風のたより~地域経済」今こそ地方に優良な雇用を

2021年6月2日
 新型コロナウイルス感染症の拡大(コロナ禍)をきっかけに、東京圏(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)の転入超過数(外国人も含む総数)が大きく減っています。2019年には、約15万人近くまで膨らんでいたものが、2020年に … 続きを読む

「風のたより~地域経済」ロボットによる宅配

2021年5月27日
 先日、自律走行型配送ロボットによる荷物などの配送試行を見学する機会を得た。  これは、日本郵便が、日立製作所、日立ビルシステム、アスラテック3社の協力を得て実施したものだ。日本郵便では、2017年より配送ロボットの実証 … 続きを読む

「風のたより~地域経済」学生さんが活躍するまち

2021年5月12日
 最近、大学生や高校生とかかわる機会が増えた。一つは、昨年夏の豪雨で被災した熊本県の人吉・球磨地域支援の取り組みだ。西海みずき信用組合が、長崎・佐世保の飲食店とともに行っている支援活動(えん卓プロジェクト)に佐世保西高の … 続きを読む

「風のたより~地域経済」公益的組織のあるべき姿

2021年4月30日
 風光明媚(めいび)で名高い三重県の伊勢志摩国立公園に隣接する丘の上に、志摩市民病院はあります。  この病院は、いまでこそ地域になくてはならない存在となっていますが、数年前まで赤字体質の上、スタッフと患者の減少の悪循環で … 続きを読む

「風のたより~地域経済」「いまココ」の時代

2021年4月21日
 1月に日本にも入ってきたClubhouse(クラブハウス)という音声のSNSアプリが話題になっている。アイフォーンのみアクセスできること、友人からの招待が必要であること、1人が2人までしか招待できないことから、当初利用 … 続きを読む

「風のたより~地域経済」風評払拭のけん引役に「福、笑い」

2021年4月7日
 農作業の様子を描いた藍色の手書きイラストのパッケージが印象的だ。福島県が14年かけて開発した高級ブランド米「福、笑い」が昨秋、県内と首都圏で先行発売された。食味アンケートの結果も上々で、今春から本格的な作付けが始まる。 … 続きを読む

「風のたより~地域経済」目指せ!コマ回しの聖地

2021年3月16日
 私が子どもの頃は「お正月にはたこ揚げてあげてコマをまわして遊びましょう」(東くめ作詞、滝廉太郎作曲)という歌のとおり、冬はたこ揚げやコマ回しをして遊んでいた。  特に6歳までいた長崎県佐世保市ではコマ回しをよくやった。 … 続きを読む

「風のたより~地域経済」ここまで来たか!! 地方商店街の衰退

2021年3月11日
 昨秋、ある地方都市の商店街を歩いていたとき、驚いて、立ち止まってしまうような光景に出くわしました。  その街は、地方都市の中でも地場産業が活況を呈しており、人口が減少しているとはいえ、衰退の一途という印象ではなく、逆に … 続きを読む

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ