「ワーキングマザー」のニュース

【夫が海外転勤!さぁ、どうする?】その3 夫がいる海外で育休復帰した佐藤美奈さん

2018年2月21日
 夫の海外赴任に帯同した後も、さまざまな働き方を続ける女性たちを紹介するこのシリーズ。今回は夫とともにアメリカ・ワシントンD.C.で勤務する日本人女性の話。 産後も意欲的に働きたいと考えている佐藤さん ――1年で復帰しよ … 続きを読む

【夫が海外転勤!さぁ、どうする?】その1 退職後も経験値を重ねる木下紘子さん

2018年2月14日
 共働き世帯が増えるにつれて、どちらかに転勤の話が出たら、「家族としてどうするか」という問題が新たに浮上してきている。近場の国内転勤なら単身赴任という選択肢もあるかもしれないが、赴任地が遠い場合や海外の場合はそう簡単には … 続きを読む

壮絶な夕食タイム事情 ワーキングマザーの94%が「時短を意識」

2018年2月13日
 子どもがいると休日でも何かとバタバタしがちだが、仕事や学校がある平日はとにかく忙しい。みんなはどうやって時間をやり繰りしている? エスビー食品(東京)は、日常的に夕食を作っていて、子どもがいる20~40代の働く女性50 … 続きを読む

2018年に働く主婦が優先したい時間は? 昨年は自分の時間を削って・・・

2018年1月11日
 主婦に特化した人材サービス「しゅふJOB」(ビースタイル/東京)の調査機関しゅふJOB総研が働く主婦層に実施した調査(有効回答数745件)によると、2018年に主婦が優先したい時間のトップは「仕事時間」となった。  昨 … 続きを読む

「名もなき家事」の解消法 子どもとシェアでストレス減

2017年12月25日
 脱ぎっぱなしの洋服をハンガーにかけたり、落ちているゴミを拾ったり、出しっぱなしのはさみを引き出しにしまったり。言葉にするとささいなことだが、これが毎日積み重なると、その心理的、時間的負担は相当なもの。そんな“名もなき家 … 続きを読む

働く女性がラクして美しくなるために 産後に起業した4人のママが合同ショップ

2017年8月17日
 これだけ働く女性が増えても、結婚・出産をきっかけに退職する女性は約6割にも上る(平成28年度版「男女共同白書」から)。自分に合った働き方をするために、産後起業した4人のママが、期間限定の合同ショップ開設に向け、クラウド … 続きを読む

大きな家って本当に必要? 暮らしをダウンサイジングすると大きくなるものとは・・・

2017年6月13日
 断捨離、ミニマリスト、シンプルライフ。物を整理して、捨てて、余計な物を持たず、そして心は豊かに。そんな生き方を志向する人が増えているという。そんな中、ついに究極の整理術が登場した。誠文堂新光社から発売されたばかりの書籍 … 続きを読む

「よかれと思って」が逆効果に… 女性活躍推進の壁となる「無意識の偏見」

2017年4月20日
young multi ethnic business people group walking standing and top view  小さな子どもがいる女性は、仕事上でどうしてもハンディを負う。それを理解して支 … 続きを読む

ママたちの多様な働き方をサポート ママのためのシェアオフィス、2号店が横浜に

2017年3月28日
 出産後も働き続ける女性が増えている。でも、全てのママがフルタイム勤務を望んでいるわけではない。自宅から遠方の企業に所属しながらリモートで働くママ、企業勤めだが保育園に入れず復帰できないママ、フリーランスで働くママなども … 続きを読む

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

決勝の結果(1月1日開催)

セレッソ大阪    2-1    横浜F・マリノス

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ