「ビートルズ」のニュース

【スピリチュアル・ビートルズ】人種差別にいま再び声をあげたビートルズ 隔離政策を撤回させた‘64年

2020年6月16日
リバプールにあったペニー・レインの標識。これが塗りつぶされたものかどうかは不明。  ポール・マッカートニーとリンゴ・スターが今再び、人種差別に対して声をあげている。2020年5月下旬に米ミネソタ州ミネアポリスで、アフリカ … 続きを読む

【スピリチュアル・ビートルズ】ジョンに「この世に戻ってこいよ」と呼びかけたディラン ポールの人生との交差を待つ

2020年6月6日
 コロナ禍の2020年3月27日、ボブ・ディランは17分近くにも及ぶ新曲「最も卑劣な殺人」(Murder Most Foul)をインターネット上で公開した。主題は、1963年11月22日にテキサス州ダラスで起こったジョン … 続きを読む

【スピリチュアル・ビートルズ】 ポールとリンゴがジョージを見舞った日

2020年5月23日
ポールのファンクラブ冊子『クラブ・サンドイッチ』(1996年AUTUMN No79)に収められた、リンゴ、ポール、ジョージの写真。  がんと闘病中だったジョージ・ハリスンが余命いくばくも無いと知らされたポール・マッカート … 続きを読む

【スピリチュアル・ビートルズ】 ハンブルク時代からの友人クラウス・フォアマンが見たビートルズ

2020年5月16日
『birth of an icon REVOLVER 50』に掲載されたクラウス・フォアマンの写真。  1971年のバングラデシュ難民救済コンサートの中盤、ジョージ・ハリスンはその人物を次のように紹介した。「多くの人は名 … 続きを読む

【スピリチュアル・ビートルズ】かつて日本語で歌われたビートルズ 今は難しい理由は?

2020年5月11日
LP『愛こそすべて~ビートルズをうたう/松岡計井子』(東芝音楽工業)。  かつてビートルズを日本語で歌うアーティストたちがいた。大真面目に日本語詞で歌うグループから、独自の解釈をした訳詞と歌い方をした歌手、トリビュートを … 続きを読む

【スピリチュアル・ビートルズ】ビートルズ陰謀説 4人は利用されたのか?

2020年5月7日
 ビートルズ陰謀説というのがある。ドイツ出身の哲学者がジョン・レノンとポール・マッカートニーに代わって作品を創っていたとか、米国制覇の決め手となったテレビ出演は諜報(ちょうほう)機関によって企図されたものだとか、米国の若 … 続きを読む

【スピリチュアル・ビートルズ】ビートル2世たちの人生(5) ザック・スターキー

2020年5月2日
リンゴとオール・スター・バンドの95年ツアーのパンフレットに載っているザックの紹介ページ。  「十五、十六、十七と私の人生暗かった」。これは藤圭子の「圭子の夢は夜ひらく」の歌詞だが、リンゴ・スターと先妻モーリーンとの間の … 続きを読む

【スピリチュアル・ビートルズ】ビートル2世たちの人生(4) ダニー・ハリスン

2020年4月30日
ダニー・ハリスンのソロ・アルバム『In///Parallel(イン・パラレル)』。  ジョージ・ハリスンの一周忌に当たる2002年11月29日、ロンドンで追悼のための「コンサート・フォー・ジョージ」が行われた。ジョージと … 続きを読む

【スピリチュアル・ビートルズ】ビートル2世たちの人生(3) ジェイムズ・マッカートニー

2020年4月24日
ジェイムズ・マッカートニー  ポール・マッカートニーとリンダの息子ジェイムズは、二十歳前から父のレコーディングに参加するなど順調なキャリアの滑り出しをしたように見えた。だが、それと前後して訪れた最愛の母リンダの死がジェイ … 続きを読む

【スピリチュアル・ビートルズ】ビートル2世たちの人生(2) ショーン・レノン

2020年4月22日
家族記念写真集『ジョン・レノン家族生活』(西丸文也著 小学館刊)。ジョンとヨーコとショーンの幸せな日々が収められている。  1975年10月9日生まれ。偶然にも父ジョンと同じ誕生日に生を授かったショーン。母親はオノ・ヨー … 続きを読む

【スピリチュアル・ビートルズ】浮かんでは消えたビートルズ再結成話 「グループ内民主主義」を守った4人

2020年4月18日
イメージ  1970年4月、ポール・マッカートニーのビートルズ脱退宣言によりグループは事実上解散した。しかし、70年代を通してビートルズ復活を待望する声が止むことはなく、再結成をめぐる話が浮かんでは消えたのである。いや、 … 続きを読む

【スピリチュアル・ビートルズ】コロナ禍の病院で音楽が力に! 「ヒア・カムズ・ザ・サン」も

2020年4月15日
イメージ  新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない中、米国では治療の最前線である病院などで、医者や看護師やスタッフの士気を高めるため、音楽が力を発揮している例がいくつか報告されている。危機の今こそ音楽の力を、というわけ … 続きを読む

【スピリチュアル・ビートルズ】ビートルズの「ワースト」ソングたち でも、やっぱり213曲全部好き!

2020年4月11日
イメージ  ジョン・レノンいわく「ラジオ局がビートルズの夕べをやるときに放送するのは、同じ10曲くらいの歌だよ。『ハード・デイズ・ナイト』『ヘルプ』『イエスタデイ』『サムシング』『レット・イット・ビー』なんかさ。あんなに … 続きを読む

【スピリチュアル・ビートルズ ジョンとトッド・ラングレンの論争――その真実とは?

2020年4月9日
トッド・ラングレンの5枚目のアルバム『未来から来たトッド』(ビクターエンタテインメント)。  ジョン・レノンと、マルチな才能で知られる米国のアーティストであるトッド・ラングレンが、70年代半ばに繰り広げた激しい論争をご存 … 続きを読む

【スピリチュアル・ビートルズ】LGBTを歌った!?「ゲット・バック」 「原点回帰」に高い評価

2020年4月7日
イメージ  ビートルズ後期を代表するロック・ナンバー「ゲット・バック」は、LGBTすなわち性的少数者のことを歌っていた!? LGBTとは、レズビアン、ゲイ、バイセクシャル(両性愛者)、トランスジェンダー(心と体の性が一致 … 続きを読む

【スピリチュアル・ビートルズ】村上春樹とビートルズ、そして『ラバー・ソウル』の前と後

2020年4月4日
『ノルウェイの森』村上春樹  村上春樹氏が人気作家としてブレークするきっかけとなったのが、1987年発表の長編小説『ノルウェイの森』である。タイトルはビートルズの1965年の作品から採られており、同曲を含め14曲ものビー … 続きを読む

【スピリチュアル・ビートルズ】武道館に行った志村けんさん コロナ影響で再注目される「イマジン」

2020年4月1日
武道館で行われたビートルズ東京公演の様子。(写真:共同通信社)  2020年3月29日に新型コロナウイルスによる肺炎で、人気コメディアンの志村けんさんが亡くなった。享年70。その志村さんは知る人ぞ知る大のビートルズファン … 続きを読む

【スピリチュアル・ビートルズ】ポールが無人島に持っていきたいレコードとは?

2020年3月30日
イメージ  ポール・マッカートニーのファンクラブ会報『クラブ・サンドウイッチ』の1994年秋号のQ&Aコーナーでは、1982年1月にBBCのラジオ番組でポールが無人島に持っていきたいと挙げたお気に入りのレコードが … 続きを読む

伝説は新たなるステージに ビートルズファンの聖地、ライブハウス「アビーロード」移転へ

2020年3月12日
イメージ  内外のビートルズファンの「聖地」として人気を集めているライブハウス「アビーロード」が、六本木地区再開発に伴い、移転する。現住所での営業は5月6日(水・祝)まで。  96年のオープン以来、ビートルズのコピーなら … 続きを読む

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ