「コラム」のニュース

【洋楽を抱きしめて】ドン・マクリーンの歌に感動した少女のメモが生んだ名曲「やさしく歌って」

2022年3月5日
『やさしく歌って/ロバータ・フラック』(ワーナーミュージック・ジャパン)  ロバータ・フラックの歌唱で世に広く知られるようになった名曲「やさしく歌って(Killing me softly with his song)」。 … 続きを読む

【洋楽を抱きしめて】「雨にぬれても」は自由についての歌なんだ B.J.トーマス

2022年2月26日
『Raindrops Keep Fallin’ On My Head/ B.J.Thomas』(輸入盤)  B. J. トーマスは代表作「雨にぬれても(Raindrops keep fallin’ on my … 続きを読む

【コラム】「同じように育てたのに」 性格・能力に差があるきょうだいの子育ての悩み

2022年2月23日
同じように育てたら同じ花が咲く?  弁当作りを通じて子どもたちを育てる取り組み「子どもが作る弁当の日」にかかわる大人たちが、自炊や子育てを取り巻く状況を見つめる連載コラム。「弁当の日」提唱者である弁当先生(竹下和男)が、 … 続きを読む

【スピリチュアル・ビートルズ】ビートルズを崇拝するスティーブ・ルカサー ポールやリンゴと一緒に仕事

2022年2月21日
リンゴのオールスターバンドに参加したスティーブ・ルカサー(写真左から2人目)。「RINGO ROCKS: 30 YEARS OF THE ALL STARRS」より。  TOTOのギタリストなどを務めるスティーブ・ルカサ … 続きを読む

【洋楽を抱きしめて】ポール・ヤングがソウルフルな歌声を聞かせる「エヴリタイム・ユー・ゴー・アウェイ」

2022年2月19日
『シークレット・オブ・アソシエーション/ポール・ヤング』(エピックレコードジャパン)  もともとは米ソウル・デュオ、ホール・アンド・オーツの1981年のアルバム『モダン・ヴォイス(Voices)』に収録された隠れた名曲だ … 続きを読む

【スピリチュアル・ビートルズ】ジョンとポールが愛を打ち明けて泣いた日 「ヒア・トゥデイ」秘話

2022年2月16日
『The Lyrics』に収められた「Here Today」の歌詞。  ジョン・レノンとポール・マッカートニー。少年時代に知り合い、切磋琢磨(せっさたくま)し合い、ビートルズの屋台骨を支えた二人。盟友だった二人の間が微妙 … 続きを読む

【洋楽を抱きしめて】ビートリーなポップ満載のリンゴ・スターの代表作『リンゴ』

2022年2月12日
『リンゴ/リンゴ・スター』(ユニバーサルミュージック)  1940年7月7日生まれのリンゴ・スター。齢81にして現役感バリバリのビートルである。これまでに20枚以上のスタジオ・アルバムを発表。’89年に始動したオール・ス … 続きを読む

【スピリチュアル・ビートルズ】最初は断った『ハード・デイズ・ナイト』 映画プロデューサーのデニス・オーデル逝く

2022年2月10日
デニス・オーデルの回想録『At the Apple’s Core』(洋書PETER OWEN)。  ビートルズ映画『ハード・デイズ・ナイト』、『マジカル・ミステリー・ツアー』、『レット・イット・ビー』や『ジョ … 続きを読む

【コラム】「作るのが面倒、食べるのが面倒」食事をしない大学生におにぎりを提供した大学教員

2022年2月9日
一品持ち寄り弁当  弁当作りを通じて子どもたちを育てる取り組み「子どもが作る弁当の日」にかかわる大人たちが、自炊や子育てを取り巻く状況を見つめる連載コラム。大学生におにぎりを配った作業療法士の平尾文の体験談。  「食事は … 続きを読む

【洋楽を抱きしめて】映画『E.T.』にインスパイアされたニール・ダイアモンドの「ハートライト」

2022年2月5日
『ハートライト/ニール・ダイアモンド』  1960年代から数々のヒット曲を生んできた米国の歌手ニール・ダイアモンドの今のところの最後の全米トップ10ヒットが1982年の「ハートライト」である。この歌は同年の映画『E.T. … 続きを読む

【スピリチュアル・ビートルズ】「マルコスにタテついた人間は、きっと僕らしかいないよ!」 1966年の「イメルダ侮辱事件」とは?

2022年2月1日
『実録イメルダ・マルコスーフィリピン大統領夫人の知られざる過去』(めこん刊)  数年前、「オベイション・プロダクションズ」の興行師、レネン・デ・グイアはポール・マッカートニーを招聘(しょうへい)してマニラでコンサートを開 … 続きを読む

【洋楽を抱きしめて】“ペパーミント・サウンド”が心地よいエア・サプライの「ロスト・イン・ラヴ」

2022年1月29日
『ロスト・イン・ラヴ/エア・サプライ』(SMJ)  1980年代、その清涼感溢れる音楽が“ペパーミント・サウンド”と形容されて人気を博し、「ロスト・イン・ラヴ」、「オール・アウト・オブ・ラヴ」、「ときめきの愛を(Ever … 続きを読む

【コラム】子どもの家事労働とヤングケアラー 成長に必要な「あそびの時間」を浸食する新たな問題

2022年1月27日
 弁当作りを通じて子どもたちを育てる取り組み「子どもが作る弁当の日」にかかわる大人たちが、自炊や子育てを取り巻く状況を見つめる連載コラム。今回は「弁当の日」提唱者である弁当先生(竹下和男)が、ヤングケアラーについて考える … 続きを読む

【スピリチュアル・ビートルズ】ピーター・バラカンさんに聞く(下)――ビートルズでなければ成立しなかったドキュメンタリー「ゲット・バック」

2022年1月24日
幻のアルバム『GET BACK/The Beatles』(APPLE RECORDS LIMITED)  「新ドキュメンタリー『The Beatles:ゲット・バック』はビートルズでなければ成立しなかったと思います。ジョ … 続きを読む

【洋楽を抱きしめて】兄たちに続け!アンディ・ギブの三連発――「恋のときめき」、「愛の面影」、「シャドー・ダンシング」

2022年1月22日
『恋のときめき(Flowing Rivers)/アンディ・ギブ』(ワーナーミュージック・ジャパン)  一世を風靡(ふうび)していたビージーズの兄たち3人に続けとばかりに、アンディ・ギブが3曲連続で全米ヒットチャートの首位 … 続きを読む

【スピリチュアル・ビートルズ】ピーター・バラカンさんに聞く(上)――今でも「ツイスト・アンド・シャウト」がNo.1

2022年1月21日
『プリーズ・プリーズ・ミー/ザ・ビートルズ』(ユニバーサルミュージック)  ブロードキャスターのピーター・バラカンさんは今から59年前(1963年)のビートルズとの出会いについて振り返る――「確実に初めて聞いたのは『プリ … 続きを読む

【スピリチュアル・ビートルズ】レンズの中のジョンとヨーコ 回想する写真家ボブ・グルーエン

2022年1月18日
「Right place, right time: The life of a rock&roll photographer Bob Gruen」(Abrams Press刊)  1974年8月23日夜、ジョン・ … 続きを読む

【洋楽を抱きしめて】自らのことを歌ったのか? ギルバート・オサリバンの「アローン・アゲイン」

2022年1月15日
『バック・トゥ・フロント/ギルバート・オサリバン』(ビクターエンタテインメント)  自殺願望があり、だがそれに気付かれずに教会に取り残され、希望が現実にぶつかり、神に捨てられたと嘆き、両親の死を悲しみとともに振り返る、ご … 続きを読む

【コラム】広がる格差と増える「子ども食堂」、いざというとき「生き抜ける人」になるための生活防衛術とは

2022年1月12日
自由学園(東京)では日常的に生徒自らが包丁を握り、食事を作る  弁当作りを通じて子どもたちを育てる取り組み「子どもが作る弁当の日」にかかわる大人たちが、自炊や子育てを取り巻く状況を見つめる連載コラム。長年、各地の「弁当の … 続きを読む

【スピリチュアル・ビートルズ】“ミス・オーデル”が語るジョージ、パティ、リンゴ、モーリーンetc. ポールは「最高の宣伝マン」

2022年1月11日
『ミス・オーデル~クリス・オーデル回想録』(レインボウブリッジ)  ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター、ジョン・レノン、ポール・マッカートニーというビートルズの4人と身近に接し、そしてジョージの妻だったパティとリンゴの元 … 続きを読む

全国選抜小学生プログラミング大会
Willfriends
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ