hd_cat_release-news新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

オラソニック、NANOコンポの小型パワーアンプ「NANO-A1」発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

回路基板やソフトウェア設計、PCオーディオ機器の(株)東和電子は、自社オラソニック・ブランドにて発売のNANOCOMPOシリーズのステレオパワーアンプNANO-A1を、11月上旬に発売する。シリーズに共通の超小型ボディーで28W+28W(8Ω)を出力する。価格は、7万3,500円。なお、この発売を機に、シリーズ全モデルに従来のホワイト色のほかに、ブラック仕上げが加わる。

NANOCOMPOシリーズは、「可能な限り小さく」、「美しい佇まいで」、「買い足していける統一されたデザインと操作性を持ち」、「パソコンとの親和性が高く」、「繊細かつ迫力ある音質をそなえたもの」をコンセプトに、これまでUSB DAC内蔵プリメインアンプNANO-UA1、世界最小サイズのCDトランスポートNANO-CD1、ヘッドフォンアンプ内蔵D/AコンバーターNANO-D1を発売してきている。
NANO_A1

NANO_A1_board

NANO-A1の内部回路基板。

NANO-A1は、シリーズ共通のCDケース約3枚分という超小型サイズの高剛性アルミダイキャスト一体成形ボディーにまとめたステレオパワーアンプ。同社のアンプ技術である、小信号時に余る電気を大きなキャパシターに蓄え、大信号時に大きな電流を供給するSCDS方式により、28W+28W(8Ω)、56W+56W(4Ω)の大出力を得ている。デジタルアンプ回路にはTI社との共同で、TPA3118デバイスを1.2MHzでの高速スイッチング周波数で動作させる技術を開発、「力強さと繊細さの両立を実現」したとしている。

NANO_D1_A1

DAC内蔵ヘッドフォンアンプNANO-D1とシステムアップ。

通常のステレオアンプのほか、1台のスピーカーをバイワイヤー駆動するバイアンプモードやモノーラルモードへの切り替えも可能で、高品位駆動からAVマルチチャンネル用途まで、さまざまな使いこなしができる。

本体とACアダプターの接続には、確実なロックができる高信頼のLEMOコネクターを採用。またAC電源ケーブルは3Pインレットタイプとなっており、ケーブルを交換して音の違いを楽しむこともできる。

NANO_A1_rear
主な仕様
●オーディオ入力:LINE(RCA)●入力感度:0.85V●入力インピーダンス:20kΩ ●スピーカー出力:[ステレオ]56W+56W(4Ω)/28W+28W(8Ω)(ダイナミックパワー)、[バイアンプ(モノラル)]56W+56W(4Ω)/28W+28W(8Ω)(ダイナミックパワー)[モノラル]56W(4Ω)/28W(8Ω)(ダイナミックパワー)●アンプ方式:SCDS(スーパー・チャージド・ドライブ・システム)方式●周波数特性:5Hz ~100,000Hz●電源:AC100V~240V(AC電源アダプター使用)●消費電力:スタンバイ時:0.5W、最大出力時:45W●カラー:プラチナホワイト[NANO-A1]、シルキーブラック[NANO-A1(B)]●外形寸法:149(W)×39(H)×172(D)mm、149(W)×33(H)×149(D)mm(突起部を含まず)●重量:1200g(アンプ本体のみ)

■リンク
オラソニック・ブランド・ホームページ http://www.olasonic.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップフォト

最新写真ニュース

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第96回天皇杯 トピックス

決勝の結果(2017年1月1日)

鹿島アントラーズ 2-1 川崎フロンターレ (Ex)  

きさらぎ会Image

東京きさらぎ会10月例会 logo:KyodoWeekly

東京きさらぎ会10月例会

共同通信社の 「きさらぎ会」 東京10月例会で、 遠藤利明・五輪担当相が 「2020年東京五輪・パラリンピック大会の成功に向けて」と題して講演した。 「東京五輪は日本の最新技術、芸術、文化を世界へ発信する最高のチャンス」と強調。その上で、五輪・パラリンピックを契機とする地域振興に取り組む姿勢を 示し、自治体の積極的な参加を呼び掛けた。

詳しく

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
このページのトップへ