企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

すみだ北斎美術館が開館5周年記念イベントを開催 11月21~28日、入館無料や「冨嶽三十六景」解説動画

すみだ北斎美術館

 

 江戸時代の浮世絵師・葛飾北斎の作品を収蔵する「すみだ北斎美術館」(東京都墨田区)は、11月22日に開館5周年を迎えるのに合わせ、記念イベントを開催する。

 葛飾北斎(1760~1849)は、現在の墨田区で生まれ、生涯のほとんどを過ごしたことから、同区は2016年11月22日に「すみだ北斎美術館」を開館。北斎や門人の作品を紹介し、総入館者数は85万人を超えたという。

 同美術館は、開館5周年を記念してイベントを開催する。11月21日(日)は「墨田区民感謝デー」として、墨田区に在住、在勤、在学の人を対象に、常設展示室と現在開催中の企画展「学者の愛したコレクション ―ピーター・モースと楢崎宗重―」の観覧料を無料にする。

 また、11月21日(日)~28日(日)の5周年記念期間(22日は休館)に「チラシで振り返るすみだ北斎美術館の企画展2016-2021」「すみだ北斎美術館の『冨嶽三十六景』解説動画を館内上映」などを実施する。

 詳細は開館5周年記念特設サイト;https://hokusai-museum.jp/5thanniversary

 

 すみだ北斎美術館は、北斎研究家で北斎作品のコレクターとして知られる米国のピーター・モースや、美術史家・楢崎宗重のコレクション、墨田区が収集した北斎や門人の作品を中心に約1900点(2021年4月時点)を所蔵している。

 次回以降の企画展は次の通り。
「北斎で日本史―あの人をどう描いたか―」(12月21日~2022年2月27日)
「北斎花らんまん」(3月15日~5月22日予定)
「鬼 北斎その表現に迫る(仮)」(6月21日~8月28日予定)
「江戸の本に親しむ(仮)」(9月21日~11月27日予定)
「百人一首の世界(仮)」(12月13日~2023年2月26日予定)

 

 

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ