企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

青柳菜摘さんら参加アーティスト17組を決定 アートでコロナ後の“新しい成長”を提示

ポストコロナ・アーツ基金実行委員会 「ポストコロナ社会を創造するアーツプロジェクト」

 

 ポストコロナ・アーツ基金実行委員会(事務局・東京都千代田区)はこのほど、東京芸術大(東京都台東区)と共同して取り組む「ポストコロナ社会を創造するアーツプロジェクト」の参加アーティスト17組を発表した。

 参加アーティストは青柳菜摘、雨宮庸介、池田剛介、遠藤麻衣、大和田俊、小泉明郞、SIDE CORE、サエボーグ、竹内公太、Chim↑Pom、中村裕太、西村雄輔、長谷川愛、布施琳太郎、毛利悠子、百瀬文、柳瀬安里の各氏。

 同プロジェクトは、新型コロナ禍以降の「新しい成長」に関する価値観・視点を、アーティストとの協働プロジェクトで創出する試み。今後、展覧会や書籍などで広く社会へ創出の成果を提示していくという。

 参加アーティストは、多摩美術大の椹木野衣(さわらぎ・のい)教授、東京都現代美術館の藪前知子(やぶまえ・ともこ)学芸員、十和田市現代美術館の鷲田(わしだ)めるろ館長の3人で構成する選考委員会が選んだ。

 椹木教授は「現在、私たちが直面している異常な事態は、かりに新型コロナウイルス感染症が収束したとしても、根本的に解決されるものではない。けれども、このようなことになるはるか前から、(未来を想定する)思考実験こそ、アーティストたちの原動力ではなかったか」とアートの力に期待する。

 藪前学芸員は「コロナウイルスの芸術生産の現場への影響は深刻であり、これを機に活動をやめざるを得なかった人たちはおびただしい数に上るだろう。そのことは胸に留めておかなくてはならない。一方で、この状況に対して、抵抗としてのアートの真価を問うべく立ち上がったのがこのプロジェクトだ。芸術は常に時代を超えて、硬直した社会に別の可能性を示してきた。彼らの作品を通して、他者との新しい共有のプラットフォームが形作られるのを期待したい」と話す。

 鷲田館長は「新型コロナウイルス感染症により社会は大きく変化した。それは今も進行中で、先を見通すことができない。自らの表現様式を確立している作家よりも、状況に対して柔軟に反応できる作家を選んだ」と語る。

 ポストコロナ・アーツ基金実行委員会は「コロナ禍は“経済原理主義的な成長”の脆弱(ぜいじゃく)さを露呈させた。資源の枯渇を招くほどの大量生産・大量消費。徹底的な人口集中・機能集中がなされた大都市を無数の交通網でつないだグローバル社会。私たちはその恩恵のもと暮らしてきたが、こうした成長指標は、地球環境の“死”に至る流れを加速させている。今回、特にコロナ禍の脅威にさらされた大都市群を筆頭に、私たちは“成長”とは何か再考せざるを得なくなった」とし「(プロジェクトでは)長期的でサスティナブルな社会構築や、そこにおける公共性と市民性、労働と時間、地域とコミュニティー、幸福観と死生観などが、新たな視点で示され、批評的かつ創造的な問いと考察がなされる」と宣言している。

 実行委員会では1口30万円の寄付などをしてくれる「一般会員」も募っている。詳細はポストコロナ・アーツ基金ホームページ、https://pcaf.art/

 

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ