企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

ウッドデザイン賞2020を受賞 大和ハウス工業、独自の耐震部材など2作品

大和ハウス工業 「ウッドデザイン賞2020」受賞

 

 大和ハウス工業(大阪市)が独自に開発した耐震部材「木鋼ハイブリッドブレース」と、同社施工の「奈良の木を使用した移動式仮設体育館」がこのほど、木の良さを感じさせる優れた製品・取り組みに与えられる「ウッドデザイン賞2020」を受賞した。

 ウッドデザイン賞は、木のある豊かな暮らしの普及・発展と木材使用の拡大を狙いにNPO法人「活木活木(いきいき)森ネットワーク」などがつくる「ウッドデザイン賞運営事務局」が2015年から実施(林野庁の補助事業)。

 木の良さや価値を再発見させる優れた製品や取り組みを「消費者目線」で毎年、選出している。今回は191点の製品・取り組みが受賞した。

 木鋼ハイブリッドブレースは、拘束材に集成材を用いた。大規模な商業施設や事務所などに適用可能な耐震部材で、ヒノキやカラマツなどの木質材料を用いることで、木のぬくもり感を演出したという。

 奈良県産の杉を使用した奈良県立奈良高校の「移動式仮設体育館」は、集成材をはさみのように組み合わせ、織り上げるように形成した三角形単位の構造の骨組みを採用。柱や梁(はり)などの構造材が見える状態で仕上げている。

 大和ハウス工業は「今回の受賞を励みに、今後も高品質な木造建物の供給や技術開発を進め、心豊かに生きる暮らし・社会を目指す」としている。

 

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ